YWCA情報

【参加者募集・東京新聞記者が語る原発事故のいま】  カーロふくしまおはなし会「なぜ福島を追うのか」(講師:東京新聞記者・片山夏子さん)

東京新聞記者の片山夏子さんは、2011年8月から現在まで、東京電力福島第一原子力発電所で廃炉作業に従事する作業員の日常を追っています。

復興五輪と名付けられた東京オリンピック、そして新型コロナウィルスなど、社会を取り巻く状況下で、作業員には何が起きていたのか。

事故発生から10年以上が過ぎても積み重なる課題とはなにか。

片山夏子さんに最新の状況をお聞きし、あらためて考えましょう。

【片山夏子さんプロフィール】

東京新聞(中日新聞東京本社)福島特別支局記者。化粧品会社の営業、ニートを経て埼玉新聞に。

東京新聞入社後、東日本大震災翌日から原発事故の取材を行い、2011年8月から作業員の日常や家族への思いなどを綴った「ふくしま作業員日誌」を連載。

同連載をまとめた書籍『ふくしま原発作業員日誌~イチエフの真実、9年間の記録~』(朝日新聞出版)が講談社本田靖春ノンフィクション賞・早稲田ジャーナリズム大賞の奨励賞など3賞を受賞。

「なぜ福島を追うのか」 チラシをダウンロード

イベント詳細

■開催日時 : 2022年8月2日(火)19:30~21:00

■開催方法:Zoom

■参加費:一般・500円、一般(寄付つき)1,000円、30歳以下のユース無料

■参加方法 : いずれかの方法でお申し込みしてください。

①peatixから

下記URLよりお申し込みください

②メール

caro@ywca.or.jp あてに、下記の項目をお知らせください。

折り返し、参加方法・送金方法をお知らせします。

1)お名前

2)メールアドレス

3)緊急連絡先

4)片山さんへのご質問があればお知らせください

■お問い合わせ : 日本YWCA地域連携委員会(担当:佐藤)

TEL : 080-8905-4978

E-MAIL : caro@ywca.or.jp

※お願い※
大規模な災害や事故が発生した場合、片山さんの取材体制の関係で急遽延期となる場合があります。
その際はお申し込みを頂いたみなさんに日程変更のご連絡をいたしますので予めご了承ください。

YWCA(ワイ・ダブリュ・シー・エー/Young Women's Christian Association)は、キリスト教を基盤に、世界中の女性が言語や文化の壁を越えて力を合わせ、女性の社会参画を進め、人権や健康や環境が守られる平和な世界を実現する国際NGOです。
1855年英国で始まり、今では日本を含む100以上の国・地域で活動しています。

所在地:〒101-0062 東京都千代田区神田駿河台1-8-11東京YWCA会館302号室
電話:03-3292-6121 FAX:03-3292-6122
受付時間:月~金 9:30~18:30(祝日を除く)

お問い合わせ

メールマガジン登録

メルマガ登録するとYWCAの活動をリアルタイムで知ることでがきます!

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.