YWCA情報

【報告:「カーロふくしまおはなし会 タピオカ×SDGs ~大量消費の向こう側~」を実施しました】


2019年10月17日(木)、日本YWCA活動スペース「カーロふくしま」にて、福島大学行政政策学類教授の西﨑伸子さんを迎え、おはなし会「タピオカ×SDGs ~大量消費の向こう側~」を開催しました。
まず、持続可能は開発目標であるSDGsの基本を、YWCA機関紙2019年6月号の特集をテキストに学びました。今流行のタピオカミルクティーを通して、SDGsについて学ぶ「おはなし会」でした。タピオカの原料であるキャッサバは南米やアフリカ、東南アジア地域で主要穀物として愛されているそうです。しかし、タピオカの流行により生産の転記を迎え、大量の農薬散布などの問題も発生していることを知りました。また、食べ残しなどの食糧管理、プラスティックのカップやストローがもたらすゴミや海洋汚染問題、マイクロプラスティックから懸念されている人体への影響など、1杯のタピオカミルクティーがさまざまな課題に繋がっていることをあらためて認識しました。それらの課題をSDGsの17個の目標にあてはめ、生活の中で出来る環境保護、食料を大切にする意識を共有しました。SDGsは幅広い世代に認識されていますが、その一方で広報活動などにおいて莫大な収益をもたらすツールとして商業的に利用されている側面もあるなど、おはなし会を通し、さまざまな角度からSDGsを自分の生活に落とし込むきっかけとなりました。

参加者からは「SDGsはよく見かけていたが、今日ようやく理解できた」「タピオカを通して問題が枝のように広がっているのを知って興味深かった」「直前に台風19号の被害があり、他人ごとではないと身につまされた」などの感想を頂きました。参加者のみなさんが生活のさまざまな課題を共有でき、次回のおはなし会の課題も提案されるなど、充実したひと時となりました。

おすすめ

Recommended

YWCA(ワイ・ダブリュ・シー・エー/Young Women's Christian Association)は、キリスト教を基盤に、世界中の女性が言語や文化の壁を越えて力を合わせ、女性の社会参画を進め、人権や健康や環境が守られる平和な世界を実現する国際NGOです。
1855年英国で始まり、今では日本を含む100以上の国・地域で活動しています。

所在地:〒101-0062 東京都千代田区神田駿河台1-8-11東京YWCA会館302号室
電話:03-3292-6121 FAX:03-3292-6122
受付時間:月~金 9:30~18:30(祝日を除く)

お問い合わせ

メールマガジン登録

メルマガ登録するとYWCAの活動をリアルタイムで知ることでがきます!