18Mar


ウクライナ支援募金の呼びかけ


日本YWCAはウクライナへの支援募金を呼びかけています。
お寄せいただいたご寄付は、協力団体・ネットワークを通じ、
◆YWCA World Service Council(米国・YWCA世界奉仕協議会)による女性や少女のための中長期支援
◆YMCAの行う緊急支援活動
を通じて現地に届けます。

日本YMCA同盟は、以下のような活動のため、ウクライナ緊急支援募金を呼びかけています。
1.ウクライナYMCAが行う、爆撃地や攻撃を受ける可能性のある居住地域から国内避難する人々への支援活動のために用います。ウクライナYMCAは国内25拠点を用いて、宿泊場所提供、食品、衣類、医薬品、衛生製品を提供しています。また、恐怖心・トラウマを抱える子どもと若者に、心理的、社会的な緊急サポートを行います。
2.ウクライナ近隣諸国のYMCAが行う、国外に避難するウクライナの人びとへの緊急生活支援のために用います。(日本YMCA同盟ウェブサイトより)
詳細はこちら

YWCA World Service Council(米国・YWCA世界奉仕協議会)は、今後世界YWCAが行う中長期支援活動を支援するため「ウクライナ支援基金」を立ち上げています。
同基金は、戦争状態が終結し、メディアの関心が薄れ紛争地での緊急救援にあたるNGOが活動を終了させた後のフェーズにおいて、現地のウクライナYWCAが活動を再開し、地域の女性・少女たちのニーズ、国内の状況に応えていくための資金になります。また周辺国に逃れた難民の人々への支援にもなります。
現在は場所や資材の確保を含めて活動が困難な状況にある現地のYWCAですが、女性や子どもたちが戦争の傷を乗り越え、生活を再建する手段を確保するため、ご協力を必要としています。
詳細は こちら

ご寄付の振込先
郵便振替 00170-7-23723 公益財団法人日本YWCA
※通信欄にウクライナ支援募金とご明記ください。


ウクライナYWCAからの声
ウクライナYWCAのFacebook投稿記事より
原文:https://www.facebook.com/YWCA-of-Ukraine-169545246426887/

(3月12日 23:07投稿)
私たちは長い間何も書いていません... 今はなかなか時間が取れず、集中できない状態です。たくさんのYWCAの女性がキエフ市とオブホフ町に滞在しています。毎日キエフの近くで激しい戦いがあり、砲弾が爆発しています。
しかし、私たちは、精神の強さと平和への願いが、すべての爆弾や銃よりも強いということを、確実に知っています。私たちと一緒に、光と善と平和を発信していきましょう。敵を呪わず、平和を願いましょう。世界中の女性たちの明るいメッセージが、私たちの地球を光と愛で包み込みますように。 そうすれば、地球上のすべての戦争はなくなるでしょう。
ウクライナYWCAの女性たちより

(3月13日 20:23投稿)
昨日、重機関銃は一晩中発砲し、砲弾は絶えず爆発していました。私はひどい夢を見ました...高層ビルはすべて黒く、窓は赤でした。空襲警報の音で目が覚め、もう眠れなくなった。晴天にもかかわらず、空は黒いベールで覆われ、近くで何かが燃えていました。
私たち家族はキエフを去らずに残りました。なぜか?おそらく、神のご意思でしょう。
開いているわずかな薬局や商店には長い行列ができています。人々は水と食料を買いだめしようとしています。私たちは皆、ロシア軍がキエフの中心から30kmと非常に近いところに迫っていることが知っています。自分たちの街と家族を守る決意をもって、検問所で武器を持って立っている若い男性たち、病院や弱くて完全に無防備な人々に薬を届けるのを恐れずに助けている若い女の子たちを目にします。
この夜は静かだった。
朝には鳥が鳴き、何も悪いことは起きていないかのように雪が少し降っていました。私は怖れているでしょうか?そう、他の生き物と同じように。しかし、私の中には平和があります。なぜなら、私はいつも全能の神を信頼しているからです。これは私たちの多くにとって試練であり、神が私たちを困難に陥れることはないと私は知っています。
ナターリヤ・ウリアネッツ
ウクライナYWCA会長

(3月16日 02:11投稿)
今日はひどい夜だった。侵略者はキエフの武器工場を爆破し、地下鉄の駅を破壊し、爆弾とその破片がキエフのほぼ中心部のいくつかの住宅に衝突しました。 でも、それ以外の話をしたいんです。明日は35時間の外出禁止令が出たので、明日は家を出ることができなくなります。 そこで今日は散歩して野菜を買うことにしました。日差しが明るく、春の暖かな陽気でした。
半分以上空っぽの店の近くで、ジャガイモ売りを見かけた。 彼はリンゴと...チューリップも売っていました。 そう、そう、チューリップです。今は一枚一枚のコインを数えて節約する必要がありますが、私は、この春と美を告げる花を購入しました。それは人生と愛の使者です。今、もうここで普通に花を買うのは不可能です。でも、いつものように、私の守護天使は私を幸せに感じさせてくれました😇。
私はチューリップがとても好きで、優雅で儚げな感じがします。
このチューリップを持って通りを進んで歩いて、微笑んだ。何か特別なものが私の心を温めてくれました。おそらく、暗い時代がもうすぐ終わり、春と新しい生命は再び私たちを喜ばせてくれるでしょう。
ナターリア

▲ページの先頭へ