イスラエルによるシェイク・ジャラ地区の立ち退き強制/ガザへの武力攻撃への抗議の呼びかけ


2021年5月現在、東エルサレムのシェイク・ジャラ地区に住むパレスチナ住民に対する立ち退き命令を発端とした衝突が激しさを増し、連日多数の死傷者が出る事態となっています。発端となったイスラエル治安判事裁判所による立ち退き命令は国際法違反であり、基本的人権の侵害行為です。
日本YWCAおよびパレスチナYWCA、そして世界YWCAは、イスラエル政府が国際法の責務を遵守し、パレスチナの人々への暴力・武力攻撃を止めるよう、以下の声明を発表しました。この人道に対する罪を止めるための行動が、国際社会の私たち一人ひとりに求められています。皆さんも、以下のアクションにご参加ください。

<オンライン署名活動>
日本政府に行動を求めるオンライン署名活動「イスラエルによるシェイク・ジャラ地区の立ち退き強制・ガザへの武力攻撃に反対する声をあげてください」を実施しています。
署名への参加、より多くの人への周知に、どうぞご協力ください。
オンライン署名「イスラエルによるシェイク・ジャラ地区の立ち退き強制・ガザへの武力攻撃に反対する声をあげてください」を外務省に提出しました(2021.6.3)

<抗議声明文>
日本YWCA声明文「イスラエルによるシェイク・ジャラ地区の立ち退き強制・武力攻撃を止めるための行動要請」(2021.5.14)
"Call to stop the forced eviction in Sheikh Jarrah and military attacks by Israel" by YWCA of Japan (Man (May 14, 2021)
パレスチナYWCAからの呼びかけ:シェイク・ジャラを助け、東エルサレムの民族浄化を止めてください!(2021.5.10)
パレスチナYWCAからの行動呼びかけ#2「もう黙らせられないパレスチナの声:今こそ行動を!」(2021.5.18)
世界YWCAアクション呼びかけ:パレスチナの占領に対して(2021.5.11)

▲ページの先頭へ