26Feb

3月26日(金)19:00~ 国連女性の地位委員会(CSW)パラレルイベントをオンライン開催します!


日本YWCAは、第65回国連女性の地位委員会(CSW)パラレルイベントとして、「北京+25に関する若い女性たちの取り組み:日本の経験から(Young women’s Beijing+25 initiatives: experiences in Japan)」(英語・一部日本語通訳あり)を開催します。
日本で活動する若い女性たちが、ジェンダー平等に関する国際的な動きの文脈で、経験と提言を共有します。 ぜひご参加ください!

イベント詳細
第4回世界女性会議(通称「北京会議」)から25年の節目を超え、ジェンダー平等を目指す動きが世界中でさらに進む中、若者が果たす役割の重要性が強く認識されています。ジェンダー平等と女性のエンパワメントのための国連機関であるUN Womenが設置した「Generation Equality Youth Task Force」もその取り組みの一つです。
 一方、日本社会では、さまざまな場面で若い女性と少女が置き去りにされている状況があります。若い女性・少女たちはジェンダーと年齢に基づく複合的な差別に直面し、しばしば「より経験・能力が少ない」という偏見によって正当な評価・認識を受けられずにいます。フェミニズム運動や政策決定の場に若い女性や少女が有意義な形で参加するのを阻む制度的な障壁は、1995年以降、最も忘れさられたままになっている課題の1つです。
 このイベントでは、日本のYWCAで活動する若い女性たちが、ジェンダーに基づく暴力に対するアドボカシー活動や中高生を対象とした人権トレーニングなどの取り組みを紹介します。ブレイクアウトセッションでは、北京行動綱領の12の重大問題領域の中から「女性に対する暴力」「女性と武力紛争」「女性と経済」「女性とメディア」の4つについて、若い女性の視点から見た日本の文脈における課題について紹介し、意見交換を行います。
 さらに、今後5年間のジェンダー平等を目指す国際的なロードマップとしてUN Womenがとりまとめ政府や国連機関、市民団体、企業等が協働して進める「Action Coalitions」への提言を行います。
ジェンダー平等を目指すすべての方のご参加をお待ちしています。

日時:3月26日(金)6:00~8:00am EST(日本時間19:00~21:00)
開催方法:Zoom
参加費:無料
* Zoomのメインセッションでは日本語通訳をご利用いただけます。ブレイクアウトセッション中は機能上、通訳を提供することができませんのでご注意ください。何かお困りの時は、チャット上でホストにプライベートメッセージをお送りいただけましたらできる限り対応させていただきます。

申し込み方法:
1. イベントに申し込むためには、まず「NGO CSW65 Forum Advocate」への無料登録が必要です。(このイベントは、第65回国連女性の地位委員会の会期中にNGO CSWがコーディネートするNGOパラレルイベントという枠組みの中で実施します。)
2. 登録が完了したら、ログイン情報を含むメールがNGO CSWから届きます。そこからNGO CSW65 virtual Forumと本イベントページにアクセスすることができます。
3. Advocateとして登録が完了したら、「Agenda」というページをクリックし、参加したいイベントページで「+」をクリックすれば申し込み完了です。ご自身が参加登録したイベントの一覧が見れる「My Agenda」に追加されます。
図解登録案内はこちら

主催・問い合わせ:
公益財団法人日本YWCA
〒101-0062 東京都千代田区神田駿河台1-8-11 東京YWCA会館302号室
Tel: 03-3292-6121/ Fax: 03-3292-6122
office-japan@ywca.or.jp

▲ページの先頭へ