日本YWCA
   ホーム > YWCAとは > 日本YWCAの歴史    
日本YWCAの歴史


時代の波は女性、特に弱い立場の女性たちを翻弄します。
しかし、翻弄される女性たちを支える運動を始めたのも女性たちでした。
1905年YWCA誕生
YWCAは、イギリスでは産業革命、日本では明治維新という、大きな時代の変化の中で、女性たちの手によって生み出されました。日本では、キリスト者女性たちが世界YWCAから派遣された幹事や宣教師の力を借りて1905年に創立し、翌年には世界YWCAに加盟しました。

初期の活動は、若い女性の自立をめざし、学生を対象に進められました。1906年には青山女学院を会場に第1回の修養会を開催。翌年には万国基督教学生連盟(WSCF)のアジア初の大会が東京で開かれ、この大会に参加した世界的指導者が各地のキリスト教主義学校で講演や聖書研究会を行なった結果、学校YWCAが全国に次々と結成されました。


働く女性をサポート
女子労働者の問題はYWCAにとって常に関心の的でした。急速な工業化に伴い非人間的な状況で働かされていた女子工場労働者や農村の女性を支えるために、東京YWCAはじめ、1910年代に誕生した横浜・大阪・京都・神戸YWCAが、それぞれ活動を開始。中でも労働調査部による工場や農村の女性の実情調査は当時としては画期的なもので、ILOにも報告されました。働く女性が共に学び友情と信仰を育む場所として「友の家」を名古屋に設置、後の名古屋YWCA設立へとつながりました。1923年の関東大震災では日本・東京・横浜YWCAの各会館が全焼しましたが、直ちに被災者の救援活動を開始しました。

戦争の波に揉まれて
1937年7月に始まったアジア・太平洋戦争は、YWCAの活動に大きな影を落としました。日本全国が厳しい統制の下、国を挙げて戦争協力を要求される中、YWCAはぎりぎりまで国際平和のメッセージを発信していました。しかし1940年には世界YWCAとの交流を中止し、機関紙に戦争協力的な記事を掲載するなど、国際団体としての特質を失い、キリスト教団体の本質を歪めていきました。
平和を求めて
敗戦後、YWCAは二度と悲惨な戦争を繰り返したくないと、それまでの社会奉仕の団体から、平和を求めて働く団体へと大きく性質を変えていきました。各地にYWCAが発足し、その多くは会館やスタッフを持たない小規模なYWCAで、身軽さを生かし活発に運動を展開していきました。



1960年代、米ソ対立の中で核実験が再開され、国内では憲法改定の声が強まりました。そこで平和憲法を守り生かす活動を進めるために、YWCAは憲法を学ぼうと「キリスト者と憲法」研究会を実施しました。それが、その後40年続く「憲法研究会」の始まりとなったのです。
「核」廃絶を願って

1970年の全国総会では、「『核』否定の思想に立つ」をスローガンに、核兵器の廃絶を願うと共に、現代文明の本質を問い、人間の自由と尊厳を取り戻すことを運動の柱としてかかげました。「私の履歴書運動」、原爆絵画展などの活動を通じ、自らのライフスタイルを問い直していきました。

またこの年には、それまでクリスチャンだけを正会員としていたのを改め、目的に賛同するすべての女性と共に活動することを決め、社会により開かれた活動を目指しました。

新たな100年に向けて
YWCAは、真の平和とは単に戦争がない状態ではなく、すべての人々が恐れや窮乏から解放され、尊厳を持って生きていける状態にあることと信じて活動を進めてきました。

その後の日本軍「慰安婦」問題への取り組み、中東の平和と公正を求めてのパレスチナYWCA支援活動、95年の阪神淡路大震災後の救援活動と「こころのケア」プログラム展開などの数々の活動は、現在の活動につながっています。2005年に100周年を迎えた日本YWCAは、男女共同参画社会を推進し、人権や健康や環境が守られる平和な世界の実現に向けて、次の100年を見据え、今新たな一歩を踏み出します。

日本YWCA100年史
「日本YWCA100年のあゆみ―女性の自立をもとめて―1905〜2005」

『日本YWCA100年史』は、日本の女性運動の歴史に新たなページを加える記録であり、キリスト教主義学校(ミッションスクール)の草創期の働きや社会福祉事業の歩み、女性が中心となった国際協力がもつ意義を知る上で、欠かせない著作といえます。

100年史編纂委員会編
B5判 横書き
本文編310頁・口絵16頁
年表編251頁
2冊セットケース入り
定価:3,500円(送料込4,000円)

◆お申し込みは日本YWCAへFaxかメールで
Fax:03-5367-1873
e-mail メール : office-japan@ywca.or.jp(仁田)
申し込み用紙付ちらしはこちらPDF(PDF形式)

◆書店での注文は日キ版扱い




ページトップ
要望書・声明文
会員・賛助員になるには、募金をするには

ホームに戻る

日本YWCA