募金・寄付をする-世界中の女性と子どもたちへ


災害時支援募金
~助けを必要としている女性と子どものために


日本YWCAでは、世界中で突然起こる戦争・紛争・自然災害の被害者へ緊急支援および中長期支援を行なっています。

2011年3月の東日本大震災では、世界各地のYWCAから励ましと暖かい支援をいただきました。中でも中国や韓国など近隣のYWCAから親身なご支援をいただいたことは記憶に新しいことです。 これらのご支援により、日本YWCAは極めて早い時期から緊急支援活動に着手することができました。

次は私たちが助けを必要としている人々に手を差し伸べる番です。

世界各地で起こる災害・紛争の報道を見て、何かをしたい!という気持ちの方も多いと思います。
日本YWCAの災害時支援募金は、そうした思いを形にするためにあります!
災害が起きないのが一番ですが、こうした事態に備えて、皆様の暖かいご寄付をぜひともお願いします!

これらの活動は皆さまからの募金によって支えられています。
災害時支援募金はいつでも募金できます。ご支援ご協力をお願いいたします。

送金先:郵便振替 00170-7-23723 公益財団法人日本YWCA
通信欄に災害時支援募金と明記ください

寄付金の税制上の優遇措置について
過去行った災害時支援募金報告はこちら→


アジア地域洪水被害を受けて:「災害時支援募金」募集中

今夏、インド・ミャンマー・中国・フィリピン・タイなど、広範なアジア地域で豪雨と洪水の被害が出ています。
日本YWCAは、各国のYWCAが行う被災者救援の取り組みを支援する形で、被災者支援に関わっています。
ミャンマーYWCAから、以下の声が届きました。

洪水被害に心を寄せてくださりありがとうございます。首都・ヤンゴン市内は安全ですが、YWCAが協働する多くの村(カレン州・モン州)の多くが洪水被害を受けました。
特に、成人や若者世代が職を求めて国境地帯に出て行き高齢者のみが村に残っている中、高齢者だけで洪水被害への対処を余儀なくされている状況があります。
ミャンマーYWCAは、特にこのような高齢者に、支援物資を届けています。
今も、世界中の方々からの支援とお祈りを必要としています。
洪水被害を受けた村に取り残されている高齢者に支援物資を届ける活動に、お力添えをいただければ大変幸いです。

ミャンマーYWCA総幹事 ズィンマー・オー

追加の情報があれば随時お知らせします。災害時支援募金の振込先は以下のとおりです。

送金先:
◆郵便振替 00170-7-23723 公益財団法人日本YWCA
(通信欄に災害時支援募金と明記ください。)
◆銀行振込 三井住友銀行 飯田橋支店 普1198743
銀行振り込みの場合は別途メール(office-japan@ywca.or.jp)で、①お振込み日、②金額、③お名前、④ご住所、⑤募金の種類(「災害時支援募金」)をお知らせください。



西日本豪雨災害を受けて、「災害時支援募金」へのご協力の呼びかけ

西日本豪雨災害により被災された皆様にお見舞い申し上げます。1日も早い復旧と、今も困難な状況にある方たちの心と身体が守られますようお祈りいたします。

日本YWCAはこの状況を受け、皆さまへ「災害時支援募金」へのご協力を呼びかけます。
現在、日本YWCAでは、被災地近郊にある地域のYWCAを通して現状把握と、今後必要とされる女性や子ども、高齢者等の方々を対象とした中長期支援について調査を行っています。調査結果に基づいて、今後地域YWCAと共に必要とされる支援を行っていきます。 詳しい支援内容については、ホームページ等を通じて随時報告してまいります。
皆様のご支援、ご協力をお願いいたします。

≪募金振込先≫
郵便振替
口座番号  00170-7-23723
加入者名  公益財団法人 日本YWCA
通信欄に「災害時支援募金」とご記入ください。 領収書など税額控除に必要な書類をお送りしますので、ご住所を必ずお知らせください。

銀行振込
三井住友銀行 飯田橋支店(普)1198743
加入者名:公益財団法人日本YWCA
銀行振り込みの場合は、必ずメール(office-japan@ywca.or.jp)にて、①お振込み日、②金額、③お名前、④ご住所、⑤「災害時支援募金」の記載、をお知らせください。

*日本YWCAへのご寄付は、税額控除の対象となります。

▲ページの先頭へ