募金・ご寄付をお願いします


あなたの寄付が世界を変える!

あなたのご支援が女性や子どもたちの安心と安全に、エンパワメントにつながります!
募金/寄付をすることで、私たちと一緒に活動しましょう!


募金のお振込先


郵便振り込みの場合は、通信欄に募金の種類をお書きください。オリーブの木キャンペーン募金はお名前のアルファベットも必ずお書きください。

銀行振り込みの場合は、必ずメール(office-japan@ywca.or.jp)で、①お振込み日、②金額、③お名前、④ご住所、⑤募金の種類、⑥オリーブの木の場合はお名前のアルファベットをお知らせください。

いつも受け付けている募金には4つのカテゴリがあります。

ピースメーカーズ募金~平和を創り出す女性のリーダーシップ養成のための寄付~
災害時支援募金~世界中の助けを必要としている女性と子どものために
オリーブの木キャンペーン募金~パレスチナの平和を願って
東日本大震災被災者支援募金
賛助員~日本YWCAの活動全般を支える




ピースメーカーズ募金~平和を創り出す女性のリーダーシップ養成のための寄付~

日本YWCAは「平和を実現する人々は幸いである」をテーマに、一人ひとりがピースメーカーとして平和を実現するための活動を展開しています。平和の実現のための活動と未来のピースメーカーのためのリーダーシップ養成にご協力をお願い致します。

この記事の続きを読む→




災害時支援募金~世界中の助けを必要としている女性と子どものために

自然災害や紛争などが起こった場合、支援の手が届きにくいのは社会の片隅に追いやられた女性や子どもたちです。日本YWCAは世界YWCAや現地のYWCAを通じて緊急被災者支援を行っています。2013年に入ってからだけでも、中国、イラン、アラスカ沖、ソロモン諸島と、M7以上の地震が地球上さまざまな場所で起きています。こうした報道を見て、何かをしたい!という気持ちの方も多いと思います。
日本YWCAの災害時支援募金は、そうした思いを形にするためにあります!ご協力をお願いします。

この記事の続きを読む→




オリーブの木キャンペーン募金~パレスチナの平和を願って

パレスチナの地では今なおイスラエル軍からのいやがらせや攻撃が後をたたず、人々は困窮しています。日本YWCAでは一刻でも早く平和が訪れることを祈り、現地のパレスチナYWCAとYMCAが行っているオリーブの木キャンペーン募金を支援しています。

この記事の続きを読む→




東日本大震災被災者支援募金

日本YWCAはcom7300委員会を設置して、東日本大震災被災者支援に取り組んでいます。 「com」はラテン語で「ともに」の意味、「7300」は2011年に生まれた子どもたちが20歳を迎えるまでの日数です。 「女性と子どもの安全と安心のために」をキーワードに、全国にある地域YWCAと協力し、長期にわたる継続的な 保養プログラムの実施を通し、女性たちのつながり、支え合い、連帯をサポートしています。

東日本大震災被災者支援募金
募金報告
YWCA活動スペース「カーロふくしま」



賛助員~日本YWCAの活動全般を支援します

日本YWCAの賛助員になって、YWCA活動の財政を支えて下さい。 賛助員は女性にかぎらずどなたでも大歓迎です! 賛助員には機関紙「YWCA」(年6回)、活動報告書(年1回)が送られます。

賛助費:年間一口 3,000円・5,000円・10,000円(一口以上何口でも歓迎です)

この記事の続きを読む→





日本YWCAへ遺贈による寄付をお考えの方

遺贈寄付とは、遺言による寄付です。 お気持ちを遺言に残すことによって、ご自身の財産が 法律にもとづく法定相続とは別に、指定した受取人へ 寄付することができます。
非核・非暴力による真の平和な社会を目指して 日本YWCAは、次世代を担う若い女性を育成するために、 遺贈寄付を承っております。
女性たちによって、あなたの大切なご意思と財産を、 未来へ 繋いで行きます。
ご意向をお持ちの方は金額の大小にかかわらず、 是非ともよろしくお願いいたします。

日本YWCAへの遺贈寄付や、 ご遺族から故人の社会貢献の ご遺志を引き継ぎ、遺産を ご寄付いただいた場合には、 相続税の課税対象とならない場合があります。 個別についてはご相談下さい。

詳しくはこちらの案内をご覧ください。



募金のお振込先
・郵便振替00170-7-23723
    公益財団法人日本YWCA
・銀行振り込み 三井住友銀行 飯田橋支店 普通)1198743 公益財団法人日本YWCA ・インターネット募金 visaカード、masterカード

▲ページの先頭へ