ひろしまを考える旅2017  Pilgrimage to Hiroshima 2017
~HIROSHIMAから考える平和の根っこ~
2017年8月9日(水)~11日(金)
*オプショナルツアーは12日(土)

「ひろしまを考える旅2017」

 「ひろしまを考える旅2015」 「ひろしまを考える旅2015」 「ひろしまを考える旅2015」

日本全国からの中高大学生を中心に幅広い世代・留学生・中国と韓国からの参加者を迎え、被爆証言・フィールドワーク・碑めぐり・交流会・ワークショップ等を通して、広島で平和について考えるプログラムです。 今年の旅のテーマは「HIROSHIMAから考える平和の根っこ」。この旅を開催する広島は、いろいろな文字で表されます。廣島・ヒロシマ・広島・ひろしま・HIROSHIMA。それぞれの文字に異なる意味や人々の異なる想いが込められています。なぜ違う字で表現されるようになったのでしょう? その意味や想いとは? この旅に参加して答えを見つけてみませんか?
旅のプログラムを通して、今まで気づかなかったことに気づき、知らなかったことを知り、いろいろ一緒に考えましょう。そして、誰もが自分らしく幸せに生きられる世の中を共につくりませんか。


<スケジュール予定>
「ひろしまを考える旅2017」

<プログラム内容>
1.アイスブレーキング&ワークショップ1
2.広島平和記念資料館見学
3.フィールドワーク
 ① 広島城周辺市内コース
 ② 中高生が伝えるひろしまコース
 ③ 『夏の花』(原民喜著)を歩くひろしまコース
 ④ 韓国・朝鮮人被爆者の歩みコース
4.被爆証言:江種祐司(えぐさゆうじ)さん(学徒動員先の金輪島で被爆。その後避難者の救護活動をされました。)
5.碑めぐり:原爆ドーム、禎子の像(原爆の子像)、原爆供養塔、韓国人原爆犠牲者慰霊碑をめぐります。
6.ワークショップ2~4


詳しくは募集要項をご覧ください⇒ ダウンロード
Please download program discription of "Pilgrimage to Hiroshima" 2017 from here.
* Participants of the course 3 should be able to have good Japanese language skills as it includes reading a literature in Japanese.

【海外からの参加者】
 *韓国・中国のYWCAからの参加者
 *日本国内で学んでいる留学生

【対象】
 中学生1年生相当年齢(2004年4月1日生まれ)以上、このプログラムに関心のある方どなたでも。
 *日中炎天下歩くプログラムが含まれます。体調をご考慮の上、お申し込みください。

【定員】 80名(申込順。定員に達しましたら締め切ります。)

【参加費】 *参加費のうち5,000円は申込金となります。
●中学・高校生 2泊3日 22,000円 (広島県在住で宿泊不要の方の場合 2泊3日¥11,000)
 オプション参加 3泊4日 32,000円
●大学生・大学院生 2泊3日 25,000円(広島県在住で宿泊不要の方の場合 2泊3日¥15,000)
 オプション参加 3泊4日 36,000円
●一般 2泊3日 30,000円(広島県在住で宿泊不要の方の場合 2泊3日¥20,000)
 オプション参加  3泊4日40,000円
注1) 参加費には、プログラム費・宿泊費・食費・フィールドワーク交通費・保険料が含まれます。
注 2) 参加費には広島までの交通費は含まれません。


参加費補助制度(留学生対象)があります

*日本に滞在する留学生の参加費を1万円補助いたします。
*定員5名(申込順)
詳細は以下までお問い合わせください。


Scholarship Opportunities for international students residing in Japan.

*Financial support of JPY 10,000 is available to international students residing in Japan.
*Capacity: maximum of 5 persons in order of application.
Please contact us below for the details.


申込書はこちらから
中学生・高校生用⇒ ダウンロード
一般・大学生用⇒ ダウンロード

Click to download application Form for Junior and High School Students
Click to download Application Form for University Students and the Public

【お申込方法】
 ① 申込書をFAX・郵送またはメールで日本YWCAまでお送りください。
 ② 申込締切:2017年7月10日(月)
 ③ 参加費は全額一括で、7月21日(金)までに郵便振替でお振込ください。
 郵便振替番号:00170-7-23723  公益財団法人日本YWCA
 ※振込通信欄に「ひろしまを考える旅参加費」とご記入ください。
 ④ キャンセルについて
 *8月1日(火)までのキャンセルは申込金(5,000円)を除いた参加費を返却いたします。
 *8月2日(火)以後のキャンセルは全額返却できません。



2016年度「ひろしまを考える旅」報告はこちら→

「ひろしまを考える旅」

71年前のあの日と同じように強い陽射しが照りつける8月、「ひろしまを考える旅2016」を開催、中高生を中心に全国からの参加者および中国と韓国YWCAからのゲストを含む約70名が参加しました。

 ワークショップで話し合ったことを発表  フィールドワーク先にて

 今回、違う世代の人々、違う国の人々と話し合ったり、意見を聞くことができ、また各々ができる小さな、でも確実なアクションを目に耳にしました。帰っても、各々が行うアクションがほかの人にも拡散され、またその人が広げれば、 小さくても大きな一歩となるだろうと思います。


原爆ドーム
 
  •  2015年度「ひろしまを考える旅」報告はこちら→
  •  2014年度「ひろしまを考える旅」報告はこちら→
  •  2013年度「ひろしまを考える旅」報告はこちら→
  •  2012年度「ひろしまを考える旅」報告はこちら→
  • ▲ページの先頭へ