インド洋派兵給油新法の延長に反対します。

第170臨時国会で、インド洋派兵給油新法延長法案(新テロ対策特別措置法改正案)の審議が大詰めを迎えています。日本YWCAは、このインド洋派兵給油新法の延長に断固反対します。

インド洋派兵給油新法の延長を巡る国会審議は、「自衛隊派兵は国際貢献」であるという論理で展開されています。しかし、そこには、現地アフガニスタンで空爆という人災で多くの市民のいのちが奪われ続けていること、長引く戦いの中で環境が破壊され、旱魃という天災に苦しむ人びとがいるという視点が欠落しています。 米国などの「不朽の自由作戦」を支援するインド洋派兵給油新法の延長は、なおも引続き現地の市民のいのちを奪い、生活を破壊することになります。 国会審議においては、そのことを訴える現地市民やNGO関係者の声に真摯に耳を傾け、また日本の世論を重視しつつ、十分な審議を行うべきです。

ところが、新聞等の報道によれば、政府・与党は、今月30日に会期末を迎える臨時国会を延長し、参議院で審議中のこの法案が参議院で採決が行われない場合でも、「60日ルール」によって、衆議院通過から60日後の12月20日以降、衆議院での再可決を強行する可能性がでてきたとされています。

日本YWCAは、日本国憲法第9条の精神にたち、対話による平和構築こそが、日本政府がとる真の国際貢献だと考えます。
日本YWCAは、日本政府が「国際社会の安全と繁栄」という名目のもとに、自衛隊を派兵して米国等艦隊への給油を続け、武力行使を支援することに断固抗議し、日本政府に対してインド洋給油新法延長法案の廃案を強く求めます。

PDF  麻生太郎内閣総理大臣宛 要望書(PDF) 2008年11月27日付


 

「パレスチナ人への襲撃と暴行」を強く非難し、イスラエル政府に要望します

(和訳)

イスラエル国
首相    エフード・オルメルト様
駐日大使 ニッシム・バンシリット様

日本YWCAは、パレスチナにおいて去る10月19日(日)早朝に起こった、十数人のイスラエル市民による、パレスチナYWCA職員マジディ・フセイニさんと、いとこのカレド・ジャマル・アル・フセイニさんへの残虐で非人間的な襲撃を強く非難します。

地元紙およびパレスチナYWCAの報告によると、身体中には負傷の痕と痣が残り、暴行によって顔が変形していることが明らかであるとのことです。またこのような暴力行為を、責任と義務を持って制するはずの警察官が、その場に居合わせたにも関わらず暴行を止めなかったことは、受け入れ難い事実です。このことからも、今回の襲撃の責任はイスラエル政府にあり、私たちはイスラエル政府に強く抗議します。

世界125カ国に女性のネットワークをもつ国際NGOである日本YWCAは、世界のYWCAと協力し、中東の地に公正なる平和が実現するように取り組み、特にパレスチナYWCAを通して、この地の女性と少女を支援しています。イスラエルのパレスチナの占領に反対すると共に、当局によるパレスチナ人への度重なる非人道的な襲撃と理不尽な暴行・嫌がらせに対して強い憤りを覚え、この地に住むパレスチナ人の守られるべき人権を脅かし続けることに強く抗議するとともに、以下のことを求めます。

1 パレスチナYWCA職員マジディ・フセイニさんおよびカレド・ジャマル・アル・フセイニさんへの残虐で非人間的な襲撃事件の真相を究明すること。その上でこのような事態が今後起こらないよう対策を講じ、本人に謝罪すること。

2.パレスチナの占領を中止し、この地において非人間的かつ非人道的な暴力にさらされているパレスチナの人々の尊厳と人権を尊重し、これを守ること。

以上


PDF  イスラエル国 エフード・オルメルト首相、ニッシム・バンシリット駐日大使宛 要望書<英文>(PDF) 2008年11月21日付


 

前航空自衛隊幕僚長の暴言と日本政府の姿勢に抗議します。

11月1日のマスコミの報道によって、田母神俊雄・航空自衛隊幕僚長が、民間企業アパグループが主催する第1回「真の近代史観」懸賞論文に応募し、「我が国が侵略国家だったというのはぬれぎぬ」と述べ、日本の植民地支配と戦争行為によって「現地の人びとは圧政から解放され、生活水準も格段に向上した」と論じて過去の植民地支配と侵略戦争を正当化し、さらには、「集団的自衛権行使」や「攻撃的兵器の保有解禁」をも事実上要求していることが明らかになりました。 

日本YWCA は、正確な歴史認識をまったく欠いた論文の執筆者である田母神俊雄・前航空自衛隊幕僚長はもちろんのこと、当初、何の問題意識をもたず、論文の受賞を公然とマスコミに発表した防衛省と、この歴史認識を容認して高官に位置づけていた政府に対して、強く抗議します。

世界125カ国に女性のネットワークをもつ国際NGOである日本YWCAは、韓国・中国YWCAと協力して東北アジアの平和を実現するために取り組み、特に日韓・日中YWCAの青年たちは植民地支配とアジア太平洋戦争の歴史を直視し、平和な未来を切り開くために対話を続けています。日本YWCAは市民レベルでアジアの平和構築のために活動する多くのNGOと共に、日本政府の要人により繰り返されるこうした暴言が、アジアの人々からの信頼を失い、平和を阻む事態を招いていることに、強い憤りを覚えます。

日本政府が、田母神俊雄・航空自衛隊幕僚長を更迭し、懲戒免職にせずに退職としたことは、行政処分としてのけじめが付けられていません。このような姿勢の根底には、日本政府もまた、植民地支配とアジア太平洋戦争について正式な謝罪と被害者への補償をせず、平和憲法を遵守せず、再び戦争への道を突き進もうとしている姿勢があることを、証明しています。航空自衛隊幕僚長が展開した論理は、まさに今の日本政府が水面下で展開しつつある政治論理に通底するものだと考えます。

私たち日本YWCAは、日本政府に対して、田母神俊雄・前航空自衛隊幕僚長の論文問題とその処理の仕方に抗議するとともに、以下のことを強く求めます。

1.アジア太平洋戦争が侵略戦争であったこと及び植民地支配の不当性を認めて、国家として改めて相手諸国と地域に対して正式に謝罪すること。
2.新テロ対策特別措置法(インド洋派兵給油 新法)を廃案にすること。
                                                                     
以上

PDF  麻生太郎内閣総理大臣、浜田靖一防衛大臣 宛 抗議声明(PDF) 2008年11月4日付


 

改訂学習指導要領 中学校編・社会科 解説書の「竹島(韓国名:独島)」の記述の削除を求める要望書

世界YWCAは国連の経済社会理事会の諮問NGOとして、韓国をはじめ125カ国にネットワークを持つ国際団体です。その一員である日本YWCAは、日本政府がアジア太平洋戦争での加害責任に対して謝罪と補償を行い、日本国憲法第9条を世界に広め、世界の市民が暴力におびえることなく、平和の内に生活できるようにするのが役割であり責任だと考えます。特に東北アジアの平和と安定は最重要課題であると考えます。

このたび、日本の文部科学省が韓国市民の強い反発と外交問題が起こることを認識しながらも、改訂学習指導要領の中学校編・社会科の解説書に、竹島(韓国名:独島)について初めて明記しました。このことによって日韓両国の関係を不安定にし緊張をもたらしていることに、強い危惧を覚えます。そして、このように日韓の間で見解が対立し、政治的・外交的にも簡単には解決できない問題を、中学校教科書に一方的立場からあえて記述し、学校で教えることには反対です。日本政府の役割と責任は外交において竹島の問題を日韓両国の間に緊張関係をうみださないように、世界が認める平和的解決に導くことだと考えます。

そこで、私たち日本YWCAは、改訂学習指導要領の中学校編・社会科の解説書から「竹島」の記述を削除することを強く要望します。

PDF 福田康夫内閣総理大臣宛、鈴木恒夫文部科学大臣宛 要望書(PDF) 2008年9月10日付


 

沖縄戦「集団自決(強制集団死)」をめぐる 教科書検定意見の撤回を求めます

沖縄戦の歴史事実を歪曲する教科書検定意見に対して、9月29日、沖縄で「教科書検定意見撤回を求める県民大会」が開かれました。「日本軍による強制集団死の削除にNo!」の強い思いをもって会場にかけつけた宜野湾・宮古島・石垣島はじめ各地からの11万6千人もの人びとの声に、私たち日本YWCAは賛同と連帯を示すと共に、教科書検定に政治的に介入し、戦争の歴史を美化しようとする日本政府に対し、強く抗議します。

続きを読む "沖縄戦「集団自決(強制集団死)」をめぐる 教科書検定意見の撤回を求めます"


 

YWCAの決意表明

YWCAは、安倍内閣の強権政治に屈せず、
平和憲法をいかし、世界に広めることを決意します

続きを読む "YWCAの決意表明"


 

柳沢伯夫厚生大臣の女性蔑視発言に対する抗議と罷免を求める要望書

icon-dl.gif「柳沢伯夫厚生労働大臣の女性蔑視発言に対する抗議と罷免を求める要望書(PDF形式、105KB)
icon-dl.gif「柳沢伯夫厚生労働大臣の女性蔑視発言に対する抗議と罷免を求める要望書(PDF形式、105KB)


 

北朝鮮の核実験に対する抗議及び対話による平和的解決を求める声明

icon-dl.gif「北朝鮮の核実験に対する抗議及び対話による平和的解決を求める声明(PDF形式、105KB)


 

「日本国憲法の改正手続きに関する法律案」の廃案を求める反対する要望書

icon-dl.gif「日本国憲法の改正手続きに関する法律案」の廃案を求める要望書(PDF形式、105KB)


 

教育基本法「改正」に反対する要望書

icon-dl.gif教育基本法「改正」に反対する要望書(PDF形式、105KB)


 

六ヶ所再処理工場の稼動及びアクティブ試験の中止を求める要望書

icon-dl.gif六ヶ所再処理工場の稼動及びアクティブ試験の中止を求める要望書(PDF形式、56KB)


 

辺野古岬への新基地建設計画の白紙撤回を求める要望書

icon-dl.gif辺野古岬への新基地建設計画の白紙撤回を求める要望書(PDF形式、59KB)


 

声明文:「憲法改正」と「憲法改正国民投票法案国会上程」に反対します

icon-dl.gif「憲法改正」と「憲法改正国民投票法案国会上程」に反対します(PDF形式、57KB)


 

小泉首相靖国神社参拝に対する抗議の要望書

icon-dl.gif小泉首相靖国神社参拝に対する抗議の要望書(PDF形式、6KB)


 

歴史・公民教科書に関する要望書

icon-dl.gif歴史・公民教科書に関する要望書(PDF形式、112KB)


 

NPT再検討会議に向けての要望書

icon-dl.gifNPT再検討会議に向けての要望書(PDF形式、80KB)


 

教育基本法改正案などに対する日本YWCAの立場表明

icon-dl.gif教育基本法改正案などに対する日本YWCAの立場表明(PDF形式、320KB)


 

自衛隊の即時イラク撤退についての要望書

icon-dl.gif自衛隊の即時イラク撤退についての要望書(PDF形式、76KB)


 
 
copy copyright(c) The Young Women's Chiristlan Association of Japan 日本YWCA 財団法人 日本キリスト教女子青年会