5March


報告:ユースギャザリング2019


2019年10月12日(土)~13日(日)@長崎

「全国ユース・ギャザリング」とは、YWCAに繋がる全国のユースが集まり、各自の関心について語り合い、学び合い、そして共に「やってみたい」企画を考えるプログラムです。
下は中学生、13歳から、また北は仙台や福島からの参加もあり、年齢的にも、地理的にも、さまざまな背景を持つ多様なユースが22名、長崎に集いました。1日目は長崎・外海でのフィールドからスタート。外海とは禁教と隠れ・潜伏キリシタンの歴史が刻まれた場所で、きれいな海を眺めつつ、差別とキリスト教信仰の歴史を学びました。翌日には、若い参加者がYWCAで「出来ること」、「主体的にやってみたいこと」を語り合うセッションを実施しました。

 
 
 

プログラムの企画・実施を中心的に担ってきたのは、開催地区となった長崎・熊本・福岡の九州3市YWCA。2年間近く温めてきた構想が現実のものになった2日間でした。

ユース・ギャザリングに参加してみて、私がよかったのは、何よりもユースの仲間達に会えたことです。馴染みの仲間も、一年ぶりの仲間も、はじめての仲間も。美味しいご飯を一緒に食べて、おしゃべりして、笑って・・・ということは対面ではないとできないことなので、離れたところにいる仲間同志にとってはとてもとても貴重なことだと思います。
一年前のユースギャザリングで芽生えた、私たちの「野望」、ミュージカルワークショップを、私たちは実現することができました。今回のユースギャザリングで生まれた新たな「野望」、これからさまざまな形で叶えられていくことを期待して、またこれからもYWCAに関わっていきたいなと、思っています。(参加者より)


▲ページの先頭へ