24April


報告:日韓ユース・カンファレンス2018
講演・ワークショップ・ブックレット「私の人権のはなし」

神戸開催 2018年10月20日(土)/ 東京開催 2018年10月28日(日)
ブックレット「私の人権のはなし」完成記念イベント 2019年3月31日(日)

  

「私の人権のはなし」は、2017年度の「日韓ユース・カンファレンス」を受け、企画されました。同プログラムで得た学びと、そこで成立したアクションプラン(課題解決に向けた行動計画)を受けて、「プログラム終了後も、 より良い社会を目指してアクションを起こそう!」と集まった若い女性中心の実行委員会が、草の根での活動の企画・実施を進めてきました。
年間を通して、「ルッキズム(外見評価)」をキーワードに、人権について考えました。
10月には、東京と神戸で講演・ワークショップを実施。その後、10月に行った講演の内容や、身近なルッキズムの事例、日韓のアンケート結果・考察、ワークショップ集、韓国YWCAのユースの声を掲載したブックレット「私の人権のはなし」を作成しました。3月には、ブックレットの完成記念イベントを実施しました。

<講演・ワークショップ「私の人権のはなし」神戸開催>
10月20日(土)は、神戸YWCAチャペルにてイベントを行いました。 テーマは「なぜ私たちは、見た目で判断してしまうのか?~釜ヶ崎における貧困問題のケースから~」。
第1部では、白波瀬達也先生(桃山学院大学社会学部准教授)を講師にお迎えして、「見た目×貧困問題・社会との関係」についてお話を伺いました。特に、個人に焦点が当てられがちであるルッキズムに、「地域」の見た目・特徴が生み出す差別や排除という観点をご提示くださいました。
第2部は、「私たちにとって、美しさとはなにか?」を参加者とともに考えるワークショップ。外見の美しさと内面の美しさ、当事者意識の持ちづらさ、潔癖・清潔さを求める意識、時代背景、TPOと自分らしさ、ファッション・美容の観点の美と生活の美の違い、社会から植え付けられている美しさなど、さまざまなキーワードが出されました。


<講演・ワークショップ「私の人権のはなし」東京開催>
10/28(日)には、東京での講演・ワークショップ「私の人権のはなし 『美しさ』は、誰が決める?~ルッキズムに関する日韓比較~」を開催しました。講演では、西倉実希先生(和歌山大学教育学部)より、外見に疾患や外傷を持つ女性へのインタビュー調査から、外見評価を巡る生きづらさが政治的であること、またその生きづらさが生まれるメカニズムについて学びました。ある人が面と向かって相手の外見を貶めるような直接的なハラスメントだけでなく、メディアを介したり、不特定の人物を侮辱するような間接的なハラスメントが存在することについて知りました。そして、ルッキズムの被害をどう緩和するか、ということについてもお話を伺いました。
実行委員は、「美醜は序列概念であるため、誰かの外見の美しさに言及することが必然的に他の誰かの醜さを暗示してしまう」という言葉を印象に覚えました。「美しさ」は個人ではなく常に他者との関係の中に存在し、誰かを排除するものとして作用しやすいものであることを強く認識しました。



<ブックレット「私の人権のはなし」完成記念イベント>
イベントでは、まずブックレットを作成するに至った経緯として、2017年度に開催した「日韓ユース・カンファレンス」での学びや、人権問題に対してどのように行動していくか、というアクションプランを作成したことが紹介されました。その後、実際にブックレットを手に取り、読み合わせをした後、グループに分かれて感想や質問をシェア。また、ルッキズムという、認知度の低い問題を広めていく手法やポイントについても、それぞれが意見を共有しました。
またこの日は、日韓ユース・カンファレンス2017に韓国から参加した若者とスタッフが、スカイプ越しでディスカッションに参加し、韓国における外見評価の事例を紹介してくれました。
最後に、参加者アンケートより、感想を抜粋してご紹介します。

・ブックレットの内容はとても分かりやすかった。ルッキズムという日本でほとんど明確に意識されていない問題を他の方々と話すことができてとても有意義でした。
・世代・性別・立場の様々な方々と意見を出し合い、話せたのがよかった。
・自分はルッキズムの悩みのカラから抜けているところもあると思っていたが、まだまだカラの中にいると分かりました。自分を卑下すること自体も、他者への差別につながるので、このような機会をもっと持って、この課題と向き合っていきたいと思いました。




*ブックレット「私の人権のはなし」はこちらからダウンロードいただけます。
◆日本語版はこちら:http://www.ywca.or.jp/pdf/2019/0301.pdf
◆韓国語版はこちら:http://www.ywca.or.jp/pdf/2019/0305.pdf

▲ページの先頭へ