28Nov


4年に1度の「全国会員総会」が終了しました!

日程:2016年11月19日(土)~20日(日)
会場:東京YWCA会館カフマンホール

2016年11月19日(土)~20日(日)、第32回全国会員総会を催しました。4年に1度開催するこの会では、過去4年間の振り返りと、2020年までのビジョンについて話し合いました。

全国会員総会に先立ち、11月18日(金)にはオープンプログラム「絵本作家:塚本やすしトークライブ ~絵本をとおして伝える、平和~」を実施しました。当日は約100名の参加者を迎え、絵本作家・塚本やすしさんによるダイナミックな絵本の読み聞かせと、神戸YWCA平和活動部のユーモア溢れる憲法講座を体験しました。

 

翌日から全国会員総会はスタート。全国からYWCAに連なる方たちが約180名集い、会場となった東京YWCA会館カフマンホールを埋め尽くしました。総会は『広島第二県女二年西組』の朗読と、会長の礼拝を持って開会。議事Ⅰでは、日本YWCAのプログラム「ひろしまを考える旅」「南京を考える旅」「日韓ユース・カンファレンス」、そして世界YWCA総会に参加したユースたちがプログラム報告を行いました。

 

昼食時には、全国24の地域YWCAの紹介動画(近日公開予定!)の試写会があり、大いに盛り上がりました。また、各地域YWCAからの1分間活動アピールは個性に溢れ、YWCAの多様性と繋がりを再確認する時となりました。各地域YWCAで手作りされた特製スイーツも提供され、美味しく、楽しい時間となりました。

 

昼食後には「地域YWCAを主体とした活動」のプレゼンテーションが行われました。地域のYWCAが主体となって企画した活動を、全国ネットワークとの協働で展開する新しい取り組みです。今後「地域YWCAを主体とした活動」として、以下の6事業が実施されます。
・ユースのための憲法カフェ(東京・横浜YWCA共催)
・会員のリーダーシップ養成を考える-三市Y合同合宿-(京都・神戸・大阪YWCA共催)
・全国ユーススキルアップ研修・交流プログラム(熊本・大阪・長崎・福岡・沖縄・京都・神戸YWCA共催)
・Girls Rock Day Camp(ガールズ・ロック・デイキャンプ)(横浜・熊本・福岡・広島・甲府YWCA共催)
・沖縄とわたしたち・平和とあなた in かながわ(横浜・湘南・平塚YWCA共催)
・YWCA平和の守り人~地域のピースマップを作ろう!~(函館・広島・札幌YWCA共催)

 

そして、「ふくしまから考える新しいエネルギーPart2」の参加高校生から、直接プログラムの学びを報告いただきました。原発・エネルギー問題に対して、きちんと意見を述べる高校生の姿に、参加者は驚きと希望を覚えました。

 

2日目は、日曜礼拝をもって始まりました。日本聖公会の西原廉太司祭の「わたしが、そうなのです」という礼拝メッセージは、弱くされた人々の存在に気づく、本当の平和の実現に向けた働き人を育てていくことが、日本YWCAの使命であることを再確認させるものでした。
議事Ⅱでは、今後4年間の方針が以下の通り、決定しました。
・主題聖句
平和を実現する人々は幸いである ―マタイによる福音書5章9節―
・使命(ミッション)
イエス・キリストに学び、共に生きる世界を実現する。
世界の人々と共に人権・平和・環境の問題に取り組む。
・ビジョン
地域で女性達が主体的に活動することを通して、以下の社会をめざします。
   (1)平和憲法が生かされ、核も暴力もない社会
   (2)女性と子どもの尊厳を守る社会
   (3)若い女性がリーダーシップを発揮する社会
   (4)多世代・多文化で多様な背景を持つ人びとを尊重する社会

 

そして、YWCAの活動を長年に亘って担われ、そのお姿を通して次世代の会員へYWCAのリーダーシップを示して来られた方々を表彰する「Y’s Wonderful Women賞」では、感謝状の贈呈式が行われました。

 

総会の中では、会長をはじめ、2016~2020年の新役員と運営委員の選挙が行われ、ユースが25%を占める新たな運営委員会が発足しました。任期が終了となる運営委員への感謝を述べて、第32回全国会員総会は幕を閉じました。

 

▲ページの先頭へ