19Aug


報告:ひろしまを考える旅2014
「 平和な未来を創るために 今、伝えたい想いがあります
     ~大切な命を守るために~」


中高生からシニアまで全国からの参加者、および 中国YWCA・韓国YWCAからのゲスト、総勢73名が参加し、 2014年8月7日(木)~9日(土)広島市文化交流会館を 主会場に「ひろしまを考える旅2014」を開催しました。


交流会で

今年は「 平和な未来を創るために 今、伝えたい想いがあります ~大切な命を守るために~」をテーマに、フィールドワークや ワークショップを実施しました。

また、坪井直さん(日本原水爆被害者団体協議会代表委員)から被爆証言を 伺い、基調講演は「核兵器・原発・戦争責任~沼田鈴子さんの目で見る 放射能被害と戦争の非人道性」と題して、田中利幸さん(広島市立 大学広島平和研究所教授)にお話しいただきました。 →Peace Philosophy Centreのサイトに基調講演要約が掲載されています。 http://peacephilosophy.blogspot.com/2014/08/blog-post.html

参加者たちは、川柳や小学生向け教材・紙芝居・影絵・平和の旗・ Tシャツデザインのグループに分かれて、それぞれの想いを表現しました。 ひろしまで出会い感じ学んだことを、自らの学びにとどめず、 一人でも多くの人に伝えていこうと確認し、プログラムを閉じました。


フィールドワーク

被爆証言を聞く
  
影絵チーム作業中

Tシャツデザインチームのファッションショー

平和の旗チーム

小学生向け教材チーム

川柳チーム

交流会

交流会

▲ページの先頭へ