8Nov.


世界YWCA会長、会計役員が来日し日本YWCAを訪問 !


2013年10月10日、世界YWCA会長デボラ・トーマス・オースティンさん(トリニダード・トバゴ)、会計役員キャロライン・フラワーズさん(米国)が日本YWCAを訪問しました。

左から、デボラ・トーマス・オースティン世界YWCA会長、 俣野尚子日本YWCA会長、キャロライン・フラワーズ世界 YWCA会計役員、横山由美子日本YWCA副会長         軍港・横須賀を訪れる

軍港・横須賀を訪れる

オースティン会長、フラワーズ会計役員は、特に米軍基地 問題に関心を持って日本を訪れました。今回の訪問では、 ヨコスカ平和船団・非核市民宣言運動ヨコスカの方の案内 のもと、原子力空母ジョージ・ワシントンの母港でもある 横須賀港を訪れました。
横須賀では、米軍基地に占有される海岸とそこに停泊する 軍艦を目の当たりにしました。また、地元で生まれ育った 方から、基地による地域への影響、基地を受け入れること によって米軍が攻撃する地に対して加害者となる辛さなど を聞きました。

日本YWCAとの懇談、福島・沖縄の状況を伝える

東京YWCA会館での交流会では、福島YWCA、沖縄YWCA から、東日本大震災・東京電力福島第一原子力発電所事故に よる被災地の女性たちの状況、沖縄の米軍基地の状況につい ての報告がなされ、また、日本YWCAの活動、東京YWCAや 横浜YWCAの活動について報告がありました。
オースティンさん、フラワーズさんは「現地で関わって いる人からお話を聞くことができ、問題をより深く理解す ることができました」と語りました。また、基地問題に関 しては、「日本だけの問題ではなく、軍事基地のあるすべ ての国に関わりがあります。これは、『女性に対する暴力 の撤廃』という世界YWCA全体の課題に関わる問題です」と して、今後のさまざまな国際会議などの機会で日本YWCAか ら世界YWCA運動全体の課題として基地問題を発信していく よう求めました。
日本YWCAは、米国YWCA、世界YWCAとの連携をさらに 深め、米軍基地問題をはじめ女性に対する暴力の課題に取 り組んでいきます。

▲ページの先頭へ