17July


報告:官邸前アクション「100万人の母たち 七夕プロジェクト」



    

2013年7月7日に首相官邸前で「100万人の母たち 七夕プロジェクト」が行われました。 日差しの強い晴天の中を、全国各地から「子どもや命を守りたい、そのために原発はいらない」という思いを持った方々が約800人も集まりました。脱原発・脱被ばくの願いを書いた短冊を笹に飾り、官邸前は涼やかな雰囲気に様変わりしました。

原発も被ばくもない世界にむけた願いと、諦めず行動してゆくというメッセージをこめて、主催者から「七夕宣言」が読み上げられました。


    

福島から武藤類子さん、佐々木るりさん、カメラマンの亀山ののこさん、映画監督の鎌仲ひとみさんらのマイクリレーが行われたり、ジョンレノンのImagineに乗せたフラを観たりすることができました。

小さな子どもたちもたくさんきており、深い愛と希望、未来へのエネルギーに満ちあふれたアクションになりました。 また、各地より集まった方々それぞれが思いを同じくする人々に出会い、共有したことでも、意義深いアクションでした。


▲ページの先頭へ