5Sept.


日韓ユース・カンファレンス2012開催!@熊本県水俣市

2012年8月24日~27日、熊本県水俣市で、日本・韓国YWCA共催の国際プログラム「日韓ユース・カンファレンス」を日韓両国の青年を中心とした41人の参加を得て開催しました。







今年のプログラムのテーマは「原子力発電」。参加者たちは、東京電力福島原子力発電所事故を受けた状況の報告、日本・韓国それぞれの原子力発電に関する発表、中部電力浜岡原子力発電所(静岡県)の事前学習訪問の報告を準備する過程、また、当日の発表から、原子力発電をとりまく社会的構造や、それが生活・社会におよぼす影響について積極的に学びました。

フィールドワークでは、水俣病資料館を訪れ、また、花田昌宣さん(熊本学園大学 水俣学研究センター長)と坂本しのぶさん(NPO法人水俣病協働センター)のお話を通じて、水俣病患者の苦難と闘いについて学ぶとともに、原子力発電をとりまく問題との類似性を考えました。











一方、山と海の自然に恵まれた水俣の静かな山間部が会場だったこともあり、休憩時間やレクリエーションの時間には、川遊びや満天の星を楽しみ、交流会では花火やスイカなど、穏やかな夏の風物も楽しみました。

最後に、プログラム中に学び・話し合ったことを受けて、原子力によらない社会と、社会に公正をもたらすためのアクションをつくりました。手法は、演劇、キャンペーンのポスター作り、音楽・ダンスなど、一人一人の力を独創的な形で発信するものにし、最終日に発表し合いました。











日韓の参加者たちは、水俣で学んだこと・アクションをそれぞれの生活や活躍の場で広めていこうと誓い合い、別れを惜しみながら帰路につきました。

日韓ユース・カンファレンス2012は、公益財団法人三菱UFJ国際財団、独立行政法人環境再生保全機構地球環境基金、公益財団法人日韓文化交流基金の助成を受けています。


▲ページの先頭へ