エンパワーするNGO 日本YWCA
日本YWCA、女性の人権、平和、国際協力、国際交流、環境
日本YWCAホーム > YWCAのネットワーク > 世界のYWCA > 世界YWCA機関紙「コモンコンサーン」 > 140号

「コモンコンサーン」140号 日本語版抜粋
参加する
寄付する

YWCAネットワーク

 全国のYWCA

 (外部リンク)
  →札幌YWCA
  →函館YWCA
  →弘前YWCA
  →仙台YWCA
  →福島YWCA
  →浦和YWCA
  →東京YWCA
  →横浜YWCA
  →湘南YWCA
  →平塚YWCA
  →甲府YWCA
  →新潟YWCA
  →静岡YWCA
  →浜松YWCA
  →名古屋YWCA
  →京都YWCA
  →大阪YWCA
  →神戸YWCA
  →広島YWCA
  →呉YWCA
  →福岡YWCA
  →長崎YWCA
  →熊本YWCA
  →日本YWCA


 学校YWCA(中高)

 世界のYWCA
 →世界Y機関紙
 →国際協力
 →(外部リンク)
   World YWCA


コモンコンサーン
  バックナンバー


 144号(2010/6)
 143号(2010/3)
 142号(2009/12)
 141号(2009/6)
 140号(2009/3)
 139号(2008/12)
 138号(2008/7)
 137号(2008/3)
 136号(2007/12)
 135号(2007/9)
 134号(2007/6)
 133号(2007/3)
 132号(2006/12)
 131号(2006/9)
 130号(2006/6)
 129号(2006/3)
 128号(2005/12)
 127号(2005/9)



140号 March 2009 日本語版 抜粋

cc140.jpg
目次

はじめに
世界のYWCAから
特集:女性、平和、安全保障
女性から見た安全保障
行動をおこす:国連安保理決議1325号を活かす
世界の若い女性たちの活躍:国連安保理決議1325号に関するユースからの勧告
変革を導く:恒久平和への道
HIVとAIDS:HIVと共に生きる女性たちの視点から暴力を解釈しなおす
世界YWCAニュース


特集:女性、平和、安全保障

国連安全保障理事会決議1325号(以下、UNSCR1325)は2000年10月31日に全会一致で採択されました。この決議(S/RES/1325)は、安全保障理事会が女性に対する戦争の影響、ならびに紛争解決と平和維持における女性の貢献について初めて採択した決議です。

ジェンダーに関して言えば、安全保障と紛争についての従来の概念は女性の限られた現実しか反映していません。社会的・政治的・経済的な脅威、また環境面で安全が脅かされるなど人間の安全保障上の脅威のため、女性のジェンダーの平等とエンパワメントが実現できずにいます。安全保障が確立されていないと、その危機の矢面に立たされるのは女性と少女です。女性は、紛争・戦争・貧困などから、そして経済危機からさえ、男性に比べ大きな影響を受けています。

2000年10月31日に国連安全保障理事会が「女性と平和および安全保障に関する決議1325号」(UNSCR1325)を採択した時、決議の内容という点からだけでなく、NGO・国連・加盟国の協力により達成した成果を証明するものとしても、その採択は画期的なことでした。

UNSCR1325は、紛争・平和・安全保障におけるジェンダーの平等について、参加・予防・保護という3つの重要な分野に焦点を当てています。これら3つの分野では、正式な和平プロセスへの女性参加が恒常的に少ないこと、戦争や紛争の予防においていかに女性が貢献できるか、そして、紛争下での女性と少女の特有なニーズなどについて明確に述べています。
(つづく・・・)

日本YWCAでは、コモンコンサーン日本語版の販売を行なっております。
年4回発行/B5版/1部300円/年間購読1000円(送料別)

ご注文・お問合せ先;
日本YWCA (国際担当:根岸)
Tel:03-5367-1872
E-mailメール :office-japan@ywca.or.jp


 

日本YWCA