エンパワーするNGO 日本YWCA
日本YWCAホーム > YWCAのネットワーク > 世界のYWCA > 世界YWCA機関紙「コモンコンサーン」 > 138号

「コモンコンサーン」138号 日本語版抜粋
参加する
寄付する

YWCAネットワーク

 全国のYWCA

 (外部リンク)
  →札幌YWCA
  →函館YWCA
  →弘前YWCA
  →仙台YWCA
  →福島YWCA
  →浦和YWCA
  →東京YWCA
  →横浜YWCA
  →湘南YWCA
  →平塚YWCA
  →甲府YWCA
  →新潟YWCA
  →静岡YWCA
  →浜松YWCA
  →名古屋YWCA
  →京都YWCA
  →大阪YWCA
  →神戸YWCA
  →広島YWCA
  →呉YWCA
  →福岡YWCA
  →熊本YWCA
  →日本YWCA


 学校YWCA(中高)

 世界のYWCA
 →世界Y機関紙
 →国際協力
 →(外部リンク)
   World YWCA


コモンコンサーン
  バックナンバー


 144号(2010/6)
 143号(2010/3)
 142号(2009/12)
 141号(2009/6)
 140号(2009/3)
 139号(2008/12)
 138号(2008/7)
 137号(2008/3)
 136号(2007/12)
 135号(2007/9)
 134号(2007/6)
 133号(2007/3)
 132号(2006/12)
 131号(2006/9)
 130号(2006/6)
 129号(2006/3)
 128号(2005/12)
 127号(2005/9)



138号 July 2008 日本語版 抜粋

cc127.jpg
目次

はじめに
世界各地のYWCAから
世界YWCAから
特集:HIVとAIDS:女性と少女にとっての普遍的行動とは
行動をおこす:HIVとAIDSに関するナイロビ2007行動要綱
世界の若い女性たちの活躍
変革を導く
HIVとAIDS

特集:HIVとAIDS 女性と少女にとっての普遍的行動とは

国際エイズ会議は、HIV対策に重点的に取り組む団体が参加する最も包括的で、最大規模の会議です。今年の国際エイズ会議では「今こそ普遍的行動を!」をテーマに討議がされ、世界規模で緊急かつ持続的なHIVとAIDS対策をとること、および世界、地域、国、コミュニティレベルですべての関係者が行動をとることの必要性が強調されました(*)。  女性と少女たちは、世界的な行動に向けて、彼女たちをAIDS対策の中心に置いたアプローチをとるよう求めています。
(*1)第17回国際エイズ会議

ジェンダーの不平等と差別が、女性と少女をますます危険にさらす根本的な原因になっていることは実証されています(*2)。  世界に広がるHIV感染者の数は、HIV予防対策を、特に女性と少女に対して大幅に拡大する必要があることを告げるものです。世界の多くの地域で、特にサハラ以南のアフリカで、この感染症の女性化(女性に特に影響が及ぶこと)が起きています。加えて、HIV感染者の増大は、注射による薬物常用者や同性との性交渉を持つ男性を含めたあらゆるコミュニティにおいても、女性と少女に大きな影響を及ぼしています。その介護を担うのは、ほぼ常に女性だからです。
(*2)Violence Against Women and HIV/AIDS : Critical Intersections Partner Violence and HIV/AIDS Information Bulletin Series, Number1

2010年までに普遍的アクセスを実現するために、世界YWCAは政府、政府間組織、市民社会に対し、緊急に次の3つの主要アクションをとるよう呼びかけています(つづく・・・)

日本YWCAでは、コモンコンサーン日本語版の販売を行なっております。
年4回発行/B5版/1部300円/年間購読1000円(送料別)

ご注文・お問合せ先;
日本YWCA (国際担当:根岸)
Tel:03-5367-1872
E-mailメール :office-japan@ywca.or.jp


 

日本YWCA