東日本大震災被災者支援事業
   ~すべての女性と子どもの安心と安全のために~

日本YWCAの被災者支援プロジェクトは、現在、避難者受け入れのための住宅支援「セカンドハウスプログラム」、被災地の子どもたちの「リフレッシュプログラム」(保養プログラム)、福島での活動スペース「カ―ロふくしま」を柱に中長期支援を展開しています。支援活動は皆さまからの募金に支えられています。ご協力をお願いします。

→支援募金のお願い
→募金報告
→「カーロふくしま」の活動

呉YWCA 静岡YWCA 札幌YWCA 大阪YWCA

支援活動の概要

中長期支援活動 2011年4月~現在

●被災者受け入れのための住居支援「セカンドハウス」

現在、横浜・名古屋・神戸の3軒を提供しています。2013年度の利用者数は、37家族126人でした。

被災地から安全な場所への避難を希望する方々へ、日本YWCAが移動の交通費・水道・光熱費等の必要経費・家賃(家主の方から無償もしくは安価でご提供いただいています)を負担して、住居を提供しています。

〈対象〉
・避難地を必要とする福島在住の乳幼児・子どもをもつ家族、高齢者、障がい者、 40才以下の単身女性、外国籍の方

●こころと身体の保養 リフレッシュ(保養)プログラム

被災地の親子や子どもたちを地域YWCAが企画するキャンプ等に招いています。

2014夏の保養プログラム
・函館YWCA 北の大地ですごす夏休みinはこだて2014 7/25~7/28
・静岡YWCA 親子わくわくピクニック 8月24日~26日
・名古屋YWCA 名古屋いりゃあせツアー 8月18日~22日
・大阪YWCA 大阪わいわいステイプログラム 8月4日~11日
・日本YWCA ひろしまを考える旅2014「平和な未来を創るために 今、伝えたい想いがあります~大切な命を守るために~」 8月7日~9日
・福岡YWCA ほっと一息♥ ママと行く九州ののんびりキャンプ 8月25日~27日

 詳しくは各YWCAへお問い合わせください。  

2013年度の実績は・・・


京都へ キャンプファイアー 野尻へ 新地っ子の夏休み
京都へ キャンプファイアー 野尻へ 新地っ子の夏休み

札幌へ 雪遊び 札幌へ 餅つき
札幌へ 雪遊び 札幌へ 餅つき

静岡YWCA主催
   静岡へ遊木の森

呉へ 泳いだ後のおやつタイム 名古屋へ スイカ割り
呉へ 泳いだ後のおやつタイム 名古屋へ スイカ割り
  
===以前の活動===

●こころのケア活動

●福島県新地町での「災害ボランティアセンター」活動支援
・ボランティアコーディネーター派遣/ボランティア派遣(家屋の泥出し、片づけ)以上は、8月末まで

「しんち町生活支援センター」活動支援
・仮設集会所での「癒しプログラム」( 2ヶ月に1回)
・中学校で、月1回土曜日の補習クラスの開催

新地町テレビ電話による子どもたちへのこころのケア 
テレビ電話で子どもたちの声に耳を傾けています。
名古屋YWCAがテレビ電話による新地町の子どもたちへの傾聴および関係者によるスカイプ会議を実施しています。小学校側の担当は保健の先生、文部科学省には専門家も参加。
難しいケースがあった場合のフォロー等については保健室の先生または養護教諭を中心に詰めています。


詳しい支援活動報告はこちらのページでご覧になれます.

これらの活動は皆様からのご寄付に支えられています。
日本YWCAの東日本大震災被災者支援募金にご協力をお願いいたします。

▲ページの先頭へ