エンパワーするNGO 日本YWCA
エンパワーするNGO 日本YWCA〜women leading change〜
日本YWCAホーム > ニュース > 2009年2月

                             
イベントのご案内
現在参加者募集中のイベントはありません
     
YWCAのネットワーク
     
お問合せ・地図      
財団法人 日本YWCA
エンパワーするNGO 日本YWCA〜women leading change〜日本YWCA会館
エンパワーするNGO 日本YWCA〜women leading change〜駿河台オフィス
→お問い合わせ&アクセス地図はこちら
     
     

エンパワーするNGO 日本YWCA〜women leading change〜
エンパワーするNGO 日本YWCA〜women leading change〜
エンパワーするNGO 日本YWCA〜women leading change〜エンパワーするNGO 日本YWCA〜women leading change〜
 ニュース アーカイブス 2009年2月

世界各地のボランティア活動を紹介 世界YWCA機関誌を読みませんか? 新規購読キャンペーン中

参加する

寄付する

 ニュース
      最近のエントリー

東日本大震災被災者支援募金のお願い ―被災されたすべての女性・子どもの安全と安心のために―
8月末までの活動報告はこちら→

支援プロジェクト報告「静岡YWCA共催"春休み親子わくわくピクニック〜避難保養プロジェクト〜"」

機関紙「YWCA」2012年4月号を発行しました

「YWCAフェスタin長崎−全国会員集会」の報告書が完成しました

河村たかし名古屋市長に対して「南京事件否定発言の撤回と、日中市民の信頼回復への責任を求める要請書」を提出しました

機関紙「YWCA」2012年2月号を発行しました

脱原発世界会議2012 in YOKOHAMA 報告

報告:外務省前を囲んだ「人間の鎖」〜韓国水曜デモ1000回アクション

機関紙「YWCA」2011年12月号を発行しました

「YWCAフェスタin長崎−全国会員集会」報告

緊急!ヨルダン、ベトナム、韓国、ロシアとの原子力協定の国会承認を止めよう
いますぐアクションを! 3日間しかありません(期限 12月2日!)

日本YWCAは「原発の輸出入をみんなの力で止めよう!」と呼びかけています。要請書を政府宛送ってください!

日本YWCAは「平和への権利国際キャンペーン」の呼びかけ人になりました。

日本YWCAは「私たちは、南スーダンPKOへの自衛隊派遣とPKO5原則の緩和に反対する」 共同声明に賛同しています。

日本YWCAは「脱原発世界会議」および「韓国水曜デモ1000回アクション」に賛同しています。

クリスマスに向けての募金のお願い
現在、オリーブの木キャンペーン募金にご協力していただいた皆様にオリーブの木カレンダーを一部プレゼントしています!

日本YWCAは「平和への権利国際キャンペーン」の呼びかけ人になりました

10月23日トルコ東部で発生した大地震に際し、日本YWCAでは、ACT(Action by Churches Together:人道援助のための世界の教会ネットワーク)を通して現地の被災者に国際協力募金を届けました。 →報告書はこちら
日本YWCAとして募金の呼びかけは行っておりません。

ニャラザイ・グンボンズバンダ世界YWCA総幹事来日決定!長崎で公開講演会開催

緊急国際協力募金「パキスタン洪水・タイ洪水被災者支援」ご協力のお願い

機関紙「YWCA」2011年10月号を発行しました

報告「さようなら原発1000万人アクション―脱原発・持続可能で平和な社会をめざして」

日韓ユース・カンファレンス後半報告

日韓ユース・カンファレンス速報

高校生平和大使 世界YWCAを訪問〜原爆投下66周年を記念して〜

機関紙「YWCA」2011年8月号を発行しました

第27回世界YWCA総会「女性が創りだす安全な世界」開幕

日本YWCAは「脱原発1000万人アクション」に賛同しています。
「脱原発を実現し、自然エネルギー中心の社会を求める全国署名」にご協力をお願いします。署名用紙をダウンロードしてお使いください

YWCAフェスタ in 長崎−全国会員集会」 〜出会って、語って、学んで、行動しよう!〜 2011年11月26日(土)〜27日(日)参加者募集中

機関紙「YWCA」2011年6月号を発行しました
今月号は付録で「被災者支援活動特別号」が付いています!

ひろしまを考える旅2011「憶えておく 伝えていく〜核のない、新しい世界に向かって〜」参加者募集中

報告:5・23「子どもたちの被ばく最小化」を求める行動

2011年憲法記念日に寄せて日本YWCAは声明文「いのちの繋がりに「希望」を持ち続けて活動する」を出しました

「子どもに『年20ミリシーベルト』を強要する日本政府の非人道的な決定に抗議し、撤回を要求する」緊急声明と要請に連名しました。

日本YWCAは「基地のない沖縄を目指す宗教者の集い」〜普天間基地の撤去と辺野古新基地建設の中止を求める〜の呼びかけ人の一人となりました 

3月11日の大災害を受けて、世界中のYWCAよりメッセージが届きました。その中から4月24日の世界YWCAデーによせて3つのYWCAからの祈りとメッセージを送ります

緊急行動の呼びかけ 新潟の柏崎・刈羽原発、静岡の浜岡原発の 即時運転停止を求めよう!

パレスチナJaba'aのオリーブ畑が破壊されたことに抗議してイスラエル首相、在日イスラエル大使、在イスラエル日本大使宛に要望書を提出しました

あなたのオリーブの木が根こそぎに・・・! イスラエル軍の破壊行動に抗議の行動を起こしましょう!

"9 Girls Rock! よくある質問集”をUPしました

第55回 国連女性の地位委員会(CSW55)参加報告

エンパワーするNGO 日本YWCA〜women leading change〜
エンパワーするNGO 日本YWCA〜women leading change〜報告 2/18(水)ガザ緊急院内集会(2009年2月20日)

日本YWCAは、ガザ封鎖解除のために日本政府が積極的に関わるよう求める市民の声を国会議員と外務省に直接届けるため、NGO9団体と共同で院内集会を開催いたしました。

ガザに光を! ガザ緊急院内集会 日本YWCA

この集会には、以下の国会議員が参加してくださいました(順不同)
小池百合子さん(日本パレスチナ友好議員連盟会長 衆自民)
御法川信英さん(同、事務局長 衆自民)
藤末健三さん(同、事務局次長 参民主)
山内康一さん(同、事務局次長 衆自民)
近藤昭一さん(衆 民主)
今野東さん(参 民主)
郡和子さん(衆 民主)
辻本清美さん(衆 社民)
川田龍平さん(参 無所属)
赤嶺政賢さん(衆 共産)
井上哲士さん(参 共産)

外務省からは、
香川中東アフリカ局参事官、貴島人道支援室長他4名が出席。
平日の午前にもかかわらず多数参加してくださり、 立見が出る盛況でした。
多数のご参加ありがとうございます。

集会では、パレスチナ友好議員連盟の方々からのメッセージ、1月末にガザ を訪問した小池議員が映像を使って報告をしてくださいましたその映像の中 には、日本のODAで建設された司法省の建物も破壊されていました。 超党派の議員の方々も、それぞれガザとの関わりを含めて話をしてくださいました。 日本外務省のガザへの支援について香川参事官から報告、同じく、貴島人道 支援室長からも支援の現状報告がありました。

ガザの現地で活動を行っているNGOからの現地報告には、出席議員も外務省関係者も含めて参加者全員、興味深く、現実に目を見張っていました。 多くの国会議員がガザに関心を持っておられることが良く分かりました。 また、ガザ封鎖解除についても関心が高まり、とても良い会となりました。

ご協力いただいた、日本パレスチナ友好議員連盟、各党の国会議員の方々、 そして、多数出席してくださいました外務省にも感謝します。

署名は、3月初旬に外務大臣宛てに渡すことになります。 ガザの封鎖解除と、パレスチナの人々が安心して生活できるよう、今後も 日本の市民と政治が積極的に実効ある行動を取れるようにと思います。

今回の主催団体(=署名呼びかけ団体)は以下のとおりです。
アムネスティ・インターナショナル日本
パレスチナ子どものキャンペーン
ピースボート
ユナイテッドピープル
アーユス仏教国際協力ネットワーク
市民外交センター
日本聖公会東京教区「エルサレム教区協働委員会」
パレスチナの子供の里親運動
日本YWCA
日本キリスト教協議会
協力 JVC


※「ガザ封鎖解除のために日本政府が積極的に関わるよう」求める署名は、2月17日で22,411名になりました。
署名の最終締め切りは2月28日です。




エンパワーするNGO 日本YWCA〜women leading change〜2/18(水)ガザ緊急院内集会のご案内(2009年2月16日)終了しました

「ガザ封鎖解除に向けて日本政府が積極的に働きかけるよう求める署名(外務大臣宛)」は、2月12日現在15,000筆を超えまし た(署名締め切り2月28日)。
日本YWCAをはじめとしたNGO10団体は、今回、国会議員と外務省に私たちの思いを伝えるための院内集会を開催します。急なご案内ですが、是非ご参加ください。

日時:2009年2月18日(水)午前10:40〜12:00
場所:参議院議員会館 第2・3会議室
 
★10時20分から参議院議員会館ロビーで通交証を配布します。

交通機関(地下鉄): 東京メトロ:有楽町線or半蔵門線or南北線「永田町駅」下車1番出口すぐ 東京メトロ千代田線国会議事堂前下車1番出口徒歩5分

◆プログラム(予定)◆
「ガザ封鎖解除署名」の中間報告
「ガザを訪問して」小池百合子衆議院議員(日本パレスチナ友好議員連盟会長)
各党議員のガザへの人道支援・封鎖解除に対する発言
ガザの現地報告:ガザで活動している各NGO団体   

主催団体:
アムネスティ・インターナショナル日本
ピースボート
パレスチナ子どものキャンペーン
ユナイテッドピープル
アーユス仏教国際協力ネットワーク
市民外交センター
日本聖公会東京教区 「エルサレム教区協働委員会」
パレスチナの子供の里親運動
日本キリスト教協議会
日本YWCA

連絡先:
ピースボート:TEL: 03‐3362‐6307 
パレスチナ子どものキャンペーン:TEL: 03-3953-1393
日本YWCA:TEL: 03‐5367‐1872 




エンパワーするNGO 日本YWCA〜women leading change〜パレスチナの人々と連帯するイスラエルの女性たち(2009年2月4日)

Machsom Watch(=検問所ウォッチ)のメンバーの、あるイスラエル人の女性が書いたオバマ米大統領宛ての手紙を紹介します。Machsom Watchはイスラエル女性たちの自発的活動により2001年に設立され、西側やエルサレムの検問所で人権侵害の監視や状況報告に貢献しています。イスラエルによるパレスチナの占領に反対し、人権の確立に立ち向かうイスラエルの女性たちがリーダーシップを発揮しています。

Youtubeに配信された映像つきの手紙を、対訳付きでご紹介します。
Youtubeの映像を見る(英語字幕)→

日本語訳

オバマ様

私のこの胸の痛みを和らげてください
皆、あなたは世界を変えるだろうと言います
どうかお願いです、ここにきて私の生活を変えてください
あなたの手で

イスラエルに来て
他人を支配して生きる生活から、私たちを解放してください
ここに来て私たちに、すでにはっきりしている、文書にも明記された、
適切な、なすべき事をなさせてください
ここにきて、私たちを占領から解放してください

毎朝、早起きをする必要をなくしてください
検問所に行き、監視し、嘆き悲しむために
もう早起きなんかしたくありません

国家を護るためだと信じ込まされて、5歳の子どもにライフルを向ける
19歳足らずの若者を日々目にする必要をなくしてください

私の娘たちが30分シャワーを浴びるたびに
ある家族は一方で、遠くの井戸からコカコーラのボトルに水を汲み、
ロバの背にのせて運んでくることを考える必要をなくしてください

私がスーパーマーケットのレジの列に並ぶとき
一方で、通学や親しい人を訪ねたり、病院や仕事に行くために
日々、莫大な数の人々が検問所に並ばなくてはいけないことを
考える必要をなくしてください

妹が出産のために病院に大急ぎで駆け込んだときや
夫がきちんと救急車で病院に緊急搬送されたとき
一方で、出産を控えた女性や心臓病の人たち、負傷者たちが、
許可の無い救急車から許可有りの救急車にわざわざ移されるということを
考える必要をなくしてください

私が通りで軍服に身を包んだ兵士を見るとき
彼は昨晩何をしたのだろうか、どの家に武器を持って押し入ったのだろうか、
微笑んだだけの少年をハワラの裏通りで殴りつけたのはこの兵士だろうかと
疑わずに済むようにしてください

イスラエル軍が6人のテロリストを殺害したと
ラジオでニュースを読み上げるキャスターの得意げな声をききたくありません
殺された6人には名前もなく、母親もいませんでした

オバマ様

この秋、私はパレスチナ人たちのオリーブ収穫の手伝いに行きませんでした
都合がつきませんでした
それは努力が足りないと、良心の呵責に苦しまずに済むようにしてください

外出先から無事帰宅すること自体が命がけの仕事である人々がそばにいる中、
私がささやかな一日を過ごし仕事に励むことを
罪だと思わずに済むようにしてください

どうか私を苦しめ続けているこの痛みを和らげてください
私は子どもたちや友人との時間、仕事といった日々の生活をも
心から楽しむことができません

それは常に私の心に、目隠しをされ縛られた少年の姿や
検問所で荷物を搬送する大型コンベアで頭を打たれた幼い女の子の
残像が焼きついているからであり、 盛り土やコンクリートの囲いで大勢の人々の生活や移動が邪魔されたままだからです

オバマ様、来てください
そしてあなたの手で私たちを救ってください
私たちを私たち自身(=イスラエル)から救うことで
あなたがイスラエルの友人ではないと非難されるなら、
どうか進んで友人にはならないでください
私たちには皮肉にも、私たちを武装し、私たちの悪事を正当化し、 国際刑事裁判所への訴追を逃れさせてくれる友人たちがすでにいるのですから

私たちの本当の友人になってください、そして
私たちを私たち自身から救ってください
世界の建前のためではなく、私という一人の人間のためにしてください
そうしたら私は平和を手にできます
それがあなたの義務なのです
私は神を信じていないけど、あなたにかけて祈りました

私はあなたが大統領に当選した日にこの手紙を書きました
それは、イスラエルがガザ地区を攻撃する前、
イスラエルのメディアが炎に包まれるガザを目に、歓喜を上げるずっと前のことです

(編集責任:日本YWCA  翻訳協力:春井多美恵)
エンパワーするNGO 日本YWCA〜women leading change〜エンパワーするNGO 日本YWCA〜women leading change〜



(別ウインドウが開きます)Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただくには、アドビ システムズ社から無償提供されているAdobe® ReaderTM(別ウインドウが開きます) プラグインが必要です。





エンパワーするNGO 日本YWCA〜women leading change〜
エンパワーするNGO 日本YWCA〜women leading change

ホーム | ニュース | YWCAとは | YWCAネットワーク | お問合せ/地図 | 会員・賛助員になる | 寄付・募金をする
イベント情報 | 9条を守る | ひろしまを考える旅 | 日韓ユース | パレスチナ問題 
 劣化ウラン弾廃絶 | HIVとAIDS | 子ども買春根絶 | 女性への暴力の問題
 |  個人情報保護

日本YWCA