エンパワーするNGO 日本YWCA
日本YWCAホーム > ニュース > 2008年12月

                             
イベントのご案内
現在参加者募集中のイベントはありません
     
YWCAのネットワーク
     
お問合せ・地図      
財団法人 日本YWCA
日本YWCA会館
駿河台オフィス
→お問い合わせ&アクセス地図はこちら
     
     

 ニュース アーカイブス 2008年12月



参加する

寄付する

 ニュース
      最近のエントリー

東日本大震災被災者支援募金のお願い ―被災されたすべての女性・子どもの安全と安心のために―
8月末までの活動報告はこちら→

支援プロジェクト報告「静岡YWCA共催"春休み親子わくわくピクニック〜避難保養プロジェクト〜"」

機関紙「YWCA」2012年4月号を発行しました

「YWCAフェスタin長崎−全国会員集会」の報告書が完成しました

河村たかし名古屋市長に対して「南京事件否定発言の撤回と、日中市民の信頼回復への責任を求める要請書」を提出しました

機関紙「YWCA」2012年2月号を発行しました

脱原発世界会議2012 in YOKOHAMA 報告

報告:外務省前を囲んだ「人間の鎖」〜韓国水曜デモ1000回アクション

機関紙「YWCA」2011年12月号を発行しました

「YWCAフェスタin長崎−全国会員集会」報告

緊急!ヨルダン、ベトナム、韓国、ロシアとの原子力協定の国会承認を止めよう
いますぐアクションを! 3日間しかありません(期限 12月2日!)

日本YWCAは「原発の輸出入をみんなの力で止めよう!」と呼びかけています。要請書を政府宛送ってください!

日本YWCAは「平和への権利国際キャンペーン」の呼びかけ人になりました。

日本YWCAは「私たちは、南スーダンPKOへの自衛隊派遣とPKO5原則の緩和に反対する」 共同声明に賛同しています。

日本YWCAは「脱原発世界会議」および「韓国水曜デモ1000回アクション」に賛同しています。

クリスマスに向けての募金のお願い
現在、オリーブの木キャンペーン募金にご協力していただいた皆様にオリーブの木カレンダーを一部プレゼントしています!

日本YWCAは「平和への権利国際キャンペーン」の呼びかけ人になりました

10月23日トルコ東部で発生した大地震に際し、日本YWCAでは、ACT(Action by Churches Together:人道援助のための世界の教会ネットワーク)を通して現地の被災者に国際協力募金を届けました。 →報告書はこちら
日本YWCAとして募金の呼びかけは行っておりません。

ニャラザイ・グンボンズバンダ世界YWCA総幹事来日決定!長崎で公開講演会開催

緊急国際協力募金「パキスタン洪水・タイ洪水被災者支援」ご協力のお願い

機関紙「YWCA」2011年10月号を発行しました

報告「さようなら原発1000万人アクション―脱原発・持続可能で平和な社会をめざして」

日韓ユース・カンファレンス後半報告

日韓ユース・カンファレンス速報

高校生平和大使 世界YWCAを訪問〜原爆投下66周年を記念して〜

機関紙「YWCA」2011年8月号を発行しました

第27回世界YWCA総会「女性が創りだす安全な世界」開幕

日本YWCAは「脱原発1000万人アクション」に賛同しています。
「脱原発を実現し、自然エネルギー中心の社会を求める全国署名」にご協力をお願いします。署名用紙をダウンロードしてお使いください

YWCAフェスタ in 長崎−全国会員集会」 〜出会って、語って、学んで、行動しよう!〜 2011年11月26日(土)〜27日(日)参加者募集中

機関紙「YWCA」2011年6月号を発行しました
今月号は付録で「被災者支援活動特別号」が付いています!

ひろしまを考える旅2011「憶えておく 伝えていく〜核のない、新しい世界に向かって〜」参加者募集中

報告:5・23「子どもたちの被ばく最小化」を求める行動

2011年憲法記念日に寄せて日本YWCAは声明文「いのちの繋がりに「希望」を持ち続けて活動する」を出しました

「子どもに『年20ミリシーベルト』を強要する日本政府の非人道的な決定に抗議し、撤回を要求する」緊急声明と要請に連名しました。

日本YWCAは「基地のない沖縄を目指す宗教者の集い」〜普天間基地の撤去と辺野古新基地建設の中止を求める〜の呼びかけ人の一人となりました 

3月11日の大災害を受けて、世界中のYWCAよりメッセージが届きました。その中から4月24日の世界YWCAデーによせて3つのYWCAからの祈りとメッセージを送ります

緊急行動の呼びかけ 新潟の柏崎・刈羽原発、静岡の浜岡原発の 即時運転停止を求めよう!

パレスチナJaba'aのオリーブ畑が破壊されたことに抗議してイスラエル首相、在日イスラエル大使、在イスラエル日本大使宛に要望書を提出しました

あなたのオリーブの木が根こそぎに・・・! イスラエル軍の破壊行動に抗議の行動を起こしましょう!

"9 Girls Rock! よくある質問集”をUPしました

第55回 国連女性の地位委員会(CSW55)参加報告


「ガザに対する軍事攻撃の即刻停止を求めます」イスラエル大使館前で抗議行動を行いました。(2008年12月30日)

ガザに対する圧倒的なイスラエル軍の軍事力による無差別爆撃に抗議して、
日本YWCAを含むNGO12団体で、イスラエル大使館前で抗議行動を行い、抗議文を提出しました。

また外務省に対しても要請文を提出しました。

朝日新聞記事 
http://www.asahi.com/national/update/1230/TKY200812300138.html

東京新聞記事 
http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2008123001000407.html


イスラエル駐日大使宛抗議文を読む→
外務省宛要請文を読む→



パレスチナYWCAより緊急行動の呼びかけ(2008年12月29日)

12月27日から始まったイスラエル軍のパレスチナ自治区ガザへの空爆により、ガザ側の死者は4日目の30日には380人を越えました。パレスチナYWCAより緊急行動の呼びかけが出ています。
1月8日にキャンドルを灯し、パレスチナのガザのために祈ってください。
 
12月29日ガザの惨状 12月29日ガザの惨状
 パレスチナYWCA緊急行動の呼びかけ(英文)を読む→
 パレスチナYWCA緊急行動の呼びかけ(和訳)を読む→




日本YWCA機関紙「YWCA」1・2月合併号(2008年12月24日)
 1.2月合併号「特集 環境と原発」を読む→



Annual Report 2007-2008(2008年12月24日)
 Annual Report 2007-2008を読む→



パレスチナニュースレター29号(2008年12月18日)
 パレスチナYWCAアニュアルレポートほか
 記事全文を読む→
 バックナンバーを読む→





パレスチナのガザ地区封鎖解除を求める署名のお願い(2008年12月15日)終了しました

日本YWCAは、日本政府に対して,イスラエル政府のガザ地区の完全封鎖に抗議し,封鎖解除を要請するよう求める署名を行なっています。
署名用紙をダウンロードして署名し、日本YWCAに送ってください。
オンライン署名もできます。署名は2009年2月28日まで受け付けています。

パレスチナ、特にガザの状況は非常に厳しいです。
12月8日からの1週間は、イスラム教徒にとって、巡礼明けの祝日(イード)ですが、停電、食料不足のうえに、銀行にも紙幣がなくてお金を引き出すことができません。また、プロパンガスがないためにお湯も沸かせません。停電のために、唯一の連絡手段の携帯電話を充電することも難しいと現地から連絡が入りました。

パレスチナ子どものキャンペーンの通信員のイブラヒムさんのところでは、生後10ヶ月の息子がひどい下痢になって、病院に連れて行きましたが、診断もつかず薬もないので、そのまま家に戻るしかなかったとのことでした。停電が続くのでろうそくも底をつき、真っ暗な中で生活しているそうです。

こうした状況について何とかしなければ!と、日本YWCAをはじめとして複数のNGOが呼びかけ団体となって、1万人を目標に署名活動を開始しています。ぜひ、ご協力くださいますようお願いいたします!

オンライン署名
 パソコンから→
 携帯電話から→ 
署名用紙(PDF)のダウンロード→ 

(背景)
パレスチナ自治区のうち、東京23区の半分ほどの面積に約150万人が住むガザ地区は境界の出入りを実質的にイスラエル側にコントロールされています。2007年6月にハマースがガザ地区の実権を握って以来、境界封鎖が強化されています。小麦粉などの基本的な食料や医薬品、燃料を除いては実質的に物の搬入が止められ、人の往来だけでなく経済封鎖されていました。

11月4日にはイスラエル軍は越境攻撃用のトンネルを発見したとしてガザ地区中部に侵攻、空爆を行い、ガザのすべての検問所を封鎖し、食料・燃料の搬入も禁止しました。ガザ地区の人口の半分を占める難民への食料配給を行っている国連の食料輸送も禁止され、11月13日には,備蓄食料が底をついて国連の食糧配給も停止されました。さらに,ガザ地区の電力需要の四分の一を賄う火力発電所の燃料も搬入されず、停電が続いています。また、イスラエル当局はガザ地区へのジャーナリストの立ち入りさえも禁止しています。

基本物資の大部分を輸入に頼るガザの人々にとって、封鎖は命を奪われるのに等しいことです。実際,医薬品の不足や重体患者の移送ができずに多くの病人が死亡し、子どもたちには栄養失調が広がっています。特に現在の厳しい封鎖は、多くの人々に生命の危機をもたらしています。

国連やパレスチナ統計局は、1日平均で8〜16時間の停電、人口の80%が援助に頼り、民間企業の55%、工場の95%以上が閉鎖に追い込まれていると伝えています。

ガザ封鎖解除のために、日本政府が積極的に働きかけるよう外務大臣に求める署名にご協力ください。


オンライン署名
 パソコンから→ 
 携帯電話から→ 
署名用紙(PDF)のダウンロード→ 





「劣化ウラン弾廃止」に向けて(2008年12月12日)

12月2日の第63回国連総会で、劣化ウランの影響調査を求める決議案が採択されました。これに合わせ日本YWCAでは、劣化ウラン弾廃止に向けての活動を世界YWCAに報告しました。

2008年劣化ウラン弾活動報告(英文)→
        〃         (和訳)→

1000本のキャンドルで描くメッセージBAN DU NEXT

ウラン兵器禁止を求める国際共同行動デーの集会:11月16日ヒロシマ原爆ドーム前
1000本のキャンドルで描くメッセージ「BAN DU NEXT (次は劣化ウラン弾兵器禁止)」




アジア太平洋学生青年集会(ASYG)報告(2008年12月11日)

アジア太平洋学生青年集会(ASYG)は、4年に1度開催されるアジア・太平洋地域における、最も大きなエキュメニカルな学生・青年の集まりです。
第4回ASYGに、日本YWCAから3名が派遣されました。

2008年ASYG集合写真

第1回ASYGは、1993年にインド(バンガロール)で環境問題や持続可能な開発をテーマに開催されました。2000年のタイ(チェンマイ)集会では、「見直し、熟考し、回復しよう:持続可能な共同体の構築」をテーマに、そして、2004年はインドネシア(チパユン)を開催地に、「平和と和解のために共に行動しよう」のテーマでアジア各地から青年たちが集いました。

そして、今回の第4回ASYGは、世界各地で争いが耐えない現状を考え、引き続き平和をテーマに、青年・学生が民族・階層・教派等の相違を越えて、「平和の文化」の基盤構築を目的に、韓国で開催されました。

2008年ASYG行進

報告書をご希望の方は、日本YWCAへお問い合わせください。
TEL: 03-5367-1872   E-メール: office-japan@ywca.or.jp

プログラム最終日に出された「ASYG声明」は、こちらからご覧になれます。
「ASYG声明(PDF)」をダウンロードする→




12月1日は世界エイズ・デーです(2008年12月1日)

日本YWCAは、世界エイズ・デーに寄せて、ワークショップ・マニュアル「HIVとAIDSを知って、行動をおこそう」を作成しました。

 2008年HIVとAIDSを知って、行動をおこそう 「HIVとAIDSを知って行動をおこそう」をダウンロード→


今年、2008年は、世界エイズ・デーの制定20周年にあたります。いわゆる「先進国」の中で、日本はHIV感染者が増加している唯一の国です。

HIVとAIDSを知ること、自分の身体を知ること、そして相手を尊重することを身につけ、HIV感染の予防と、HIVやAIDSの影響下にある人もない人も一緒に生きる社会を創りだす一助にと、日本YWCAは、ワークショップ・マニュアル「HIVとAIDSを知って、行動をおこそう」を作成しました。ぜひご活用ください! 




(別ウインドウが開きます)Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただくには、アドビ システムズ社から無償提供されているAdobe® ReaderTM(別ウインドウが開きます) プラグインが必要です。



エンパワーするNGO 日本YWCA〜women leading change

ホーム | ニュース | YWCAとは | YWCAネットワーク | お問合せ/地図 | 会員・賛助員になる | 寄付・募金をする
イベント情報 | 9条を守る | ひろしまを考える旅 | 日韓ユース | パレスチナ問題 
 劣化ウラン弾廃絶 | HIVとAIDS | 子ども買春根絶 | 女性への暴力の問題
 |  個人情報保護

日本YWCA