エンパワーするNGO 日本YWCA
日本YWCAホーム > ニュース > 2008年11月
                             
イベントのご案内
現在参加者募集中のイベントはありません
     
YWCAのネットワーク
     
お問合せ・地図      
財団法人 日本YWCA
日本YWCA会館
駿河台オフィス
→お問い合わせ&アクセス地図はこちら
     
     

 ニュース アーカイブス 2008年11月



参加する

寄付する

 ニュース
      最近のエントリー

東日本大震災被災者支援募金のお願い ―被災されたすべての女性・子どもの安全と安心のために―
8月末までの活動報告はこちら→

支援プロジェクト報告「静岡YWCA共催"春休み親子わくわくピクニック〜避難保養プロジェクト〜"」

機関紙「YWCA」2012年4月号を発行しました

「YWCAフェスタin長崎−全国会員集会」の報告書が完成しました

河村たかし名古屋市長に対して「南京事件否定発言の撤回と、日中市民の信頼回復への責任を求める要請書」を提出しました

機関紙「YWCA」2012年2月号を発行しました

脱原発世界会議2012 in YOKOHAMA 報告

報告:外務省前を囲んだ「人間の鎖」〜韓国水曜デモ1000回アクション

機関紙「YWCA」2011年12月号を発行しました

「YWCAフェスタin長崎−全国会員集会」報告

緊急!ヨルダン、ベトナム、韓国、ロシアとの原子力協定の国会承認を止めよう
いますぐアクションを! 3日間しかありません(期限 12月2日!)

日本YWCAは「原発の輸出入をみんなの力で止めよう!」と呼びかけています。要請書を政府宛送ってください!

日本YWCAは「平和への権利国際キャンペーン」の呼びかけ人になりました。

日本YWCAは「私たちは、南スーダンPKOへの自衛隊派遣とPKO5原則の緩和に反対する」 共同声明に賛同しています。

日本YWCAは「脱原発世界会議」および「韓国水曜デモ1000回アクション」に賛同しています。

クリスマスに向けての募金のお願い
現在、オリーブの木キャンペーン募金にご協力していただいた皆様にオリーブの木カレンダーを一部プレゼントしています!

日本YWCAは「平和への権利国際キャンペーン」の呼びかけ人になりました

10月23日トルコ東部で発生した大地震に際し、日本YWCAでは、ACT(Action by Churches Together:人道援助のための世界の教会ネットワーク)を通して現地の被災者に国際協力募金を届けました。 →報告書はこちら
日本YWCAとして募金の呼びかけは行っておりません。

ニャラザイ・グンボンズバンダ世界YWCA総幹事来日決定!長崎で公開講演会開催

緊急国際協力募金「パキスタン洪水・タイ洪水被災者支援」ご協力のお願い

機関紙「YWCA」2011年10月号を発行しました

報告「さようなら原発1000万人アクション―脱原発・持続可能で平和な社会をめざして」

日韓ユース・カンファレンス後半報告

日韓ユース・カンファレンス速報

高校生平和大使 世界YWCAを訪問〜原爆投下66周年を記念して〜

機関紙「YWCA」2011年8月号を発行しました

第27回世界YWCA総会「女性が創りだす安全な世界」開幕

日本YWCAは「脱原発1000万人アクション」に賛同しています。
「脱原発を実現し、自然エネルギー中心の社会を求める全国署名」にご協力をお願いします。署名用紙をダウンロードしてお使いください

YWCAフェスタ in 長崎−全国会員集会」 〜出会って、語って、学んで、行動しよう!〜 2011年11月26日(土)〜27日(日)参加者募集中

機関紙「YWCA」2011年6月号を発行しました
今月号は付録で「被災者支援活動特別号」が付いています!

ひろしまを考える旅2011「憶えておく 伝えていく〜核のない、新しい世界に向かって〜」参加者募集中

報告:5・23「子どもたちの被ばく最小化」を求める行動

2011年憲法記念日に寄せて日本YWCAは声明文「いのちの繋がりに「希望」を持ち続けて活動する」を出しました

「子どもに『年20ミリシーベルト』を強要する日本政府の非人道的な決定に抗議し、撤回を要求する」緊急声明と要請に連名しました。

日本YWCAは「基地のない沖縄を目指す宗教者の集い」〜普天間基地の撤去と辺野古新基地建設の中止を求める〜の呼びかけ人の一人となりました 

3月11日の大災害を受けて、世界中のYWCAよりメッセージが届きました。その中から4月24日の世界YWCAデーによせて3つのYWCAからの祈りとメッセージを送ります

緊急行動の呼びかけ 新潟の柏崎・刈羽原発、静岡の浜岡原発の 即時運転停止を求めよう!

パレスチナJaba'aのオリーブ畑が破壊されたことに抗議してイスラエル首相、在日イスラエル大使、在イスラエル日本大使宛に要望書を提出しました

あなたのオリーブの木が根こそぎに・・・! イスラエル軍の破壊行動に抗議の行動を起こしましょう!

"9 Girls Rock! よくある質問集”をUPしました

第55回 国連女性の地位委員会(CSW55)参加報告


『パレスチナの人々と連帯する国際デー』 (2008年11月29日)

『パレスチナの人々と連帯する国際デー』である11月29日にちなみ、JAI(パレスチナYWCA/東エルサレムYMCAジョイント・アドボカシー・イニシアティブ)が、厳しい状況におかれるパレスチナに一層の関心を寄せることを呼びかけるメッセージを出しました。

1977年、11月29日を「パレスチナの人々と連帯する国際デー」として毎年守ることが、国連総会の場において世界に呼びかけられました。

1947年11月29日の国連総会で、イギリスの委任統治領であったパレスチナの分割を定めた国連決議181が採択されました。決議案が本来目指していたものは、パレスチナを分割することが、第二次世界大戦前後に何度も押し寄せていたユダヤ人移民の波とそれに伴う対立を解決する、一つの方法になるだろうというものでした。それまでは、多数派のアラブパレスチナ人の土地であった全土の55%が、瞬く間に拡大していったユダヤ人入植者たちに与えられました。さらに今日に至っては、アラブ人に許された土地は、たった2つの地区になってしまいました。

1948年には、少数派のユダヤ人は78%のパレスチナの土地を奪い、イスラエル国の建国を表明しました。イスラエルは建国のために民族浄化を進め、450のパレスチナ人の村々を破壊し、パレスチナ人を離散の民に変えてしまいました。今日800万人以上のパレスチナ人が、イスラエル国内や占領地、また周辺のアラブ諸国など、世界中に散らされた状態です。

さらに1967年には、残っていた土地の22%までもイスラエルに奪われ、広大な土地を没収しての分離壁の建設など、現在に至るイスラエルの入植やインフラの強行により、パレスチナは過酷な支配を強いられています。イスラエルのこのような政策は、事実を根こそぎ変えるものであり、もし、イスラエルによる入植が完結するというようなことがあれば、それは数々の国連決議で既に採択されている「パレスチナ人自身の国家」樹立が永遠に達成されないことを意味します。

2005年12月1日、国連総会はパレスチナ委員会に対し、11月29日のパレスチナの人々と連帯する国際デーを守ることの一部として、国連パレスチナ自治政府オブザーバーと協力して、この日にパレスチナの人々の人権を世界にアピールすること、また、パレスチナの文化を紹介することを求めました。さらに、国連加盟諸国に対しても、この連帯の日を引き続きサポートし、広めることを呼びかけました。

「パレスチナの人々と連帯する国際デー」に寄せて、パレスチナYWCAと東エルサレムYMCAが協力して進めているJAI(ジョイント・アドボカシー・イニシアティブ)は、もはや二重基準となっている国際法の執行とパレスチナ人とイスラエル人の対立を起こす公約を撤廃すること、そして、平和を創る世界中のパートナー・友人・団体・個人を励まし、真剣かつ確実なアクションを以ってイスラエルによる占領と全ての不正義に対し意義を申し立て、自由で独立したパレスチナ国家の樹立に積極的に力を注ぐよう呼びかけます。

11月29日パレスチナの人々との国際連帯デーに以下のアクションを呼びかけます。

● パレスチナ・オリーブの木キャンペーンに参加し、オリーブの木を植えてください。

http://www.jai-pal.org/content.php?page=99
http://www.jai-pal.org/content.php?page=1

● あなたの国の国会議員に手紙を書いて、パレスチナの人々が希望を失わず生きよう、と呼びかけている、オリーブの木キャンペーンの支援や、パレスチナを訪問して事実を確認し連帯すること、また、イスラエルに対するボイコット・投資削減・制裁措置などのキャンペーンの主導・参加・決議を促してください。

http://www.jai-pal.org/content.php?section=24

● パレスチナの状況について、ディスカッション・ワークショップ・公開討論会などを企画してください。JAIは喜んで、オンラインで必要な情報を提供します。

http://www.jai-pal.org/content.php?section=4

● 女性のグループに連絡を取り、座談会やワークショップを共催してください。そして、占領下の生活が、女性や子どもに与える影響について喚起してください。

● 11月29日には、デモ行進やキャンドル・デモを行ってください。この週は、会議や礼拝でパレスチナ人の置かれた状況を考え、平和と正義のために祈ってください。JAIが作成した、"Solidarity Prayer Booklet"(「連帯する祈りの本」)もご活用ください。

http://www.jai-pal.org/content.php?page=122

● あなたの国や地域の人権・国際法・連帯を呼びかけるグループに連絡し、パレスチナの正義のために活動する地域あるいは全国運動を立ち上げてください。

● 見分を広めるパレスチナのツアーを企画する、またはJAIのユース・プログラム、オリーブの実収穫/オリーブの木植樹ツアーに参加する、あるいは多くの人に参加を呼びかけてください。

http://www.jai-pal.org/content.php?section=2

● 交換インターン制度を立ち上げ、ボランティアをJAIへ派遣してください。アドボカシー・リーダーを育てましょう。

● イスラエルが国際法と世界人権原則に従うまで、イスラエルに対するボイコット、投資削減、制裁措置キャンペーンに参加してください。

● 聖地の平和と正義のために祈ってください。

以上




オリーブの木キャンペーン2009年版カレンダー終了しました(2008年11月28日)

パレスチナYWCA・東エルサレムYMCA・JAI(Joint Adovocacy Initiative)が共同作成したカレンダー販売中です。

オリーブの木キャンペーン卓上カレンダーイメージ


卓上版。1部/500円(送料込み600円)
収益はオリーブの木キャンペーンを広めるために用います。
2008年12月20日までにお申込みいただいた方は年内にお届けします。


◆ご購入・お問合せは、日本YWCAまでメールあるいはFAXで。
◆お名前・ご住所・電話番号・部数を明記下さい。
日本YWCA (担当;萩尾)

Email : office-japan@ywca.or.jp
03・5367・1872 Fax03・5367・1873




「インド洋派兵給油新法の延長に反対します」(2008年11月27日)

麻生内閣総理大臣宛に「インド洋派兵給油新法の延長に反対します」を提出しました。

要望書を読む→




「『パレスチナ人への襲撃と暴行』を強く非難し、イスラエル政府に要望します」(2008年11月26日)

日本YWCAは、パレスチナにおいて10月19日早朝に起こった、十数人のイスラエル市民による、パレスチナYWCA職員ほかに対する残虐で非人間的な襲撃を強く非難し、イスラエル国エフード・オルメルト首相ほか宛に要望書を提出しました。

要望書(英文)を読む→
要望書(和訳)を読む→




「ガザの包囲を中止せよ」世界YWCA、国連加盟国へ訴える(2008年11月25日) 

世界が人権宣言60周年を祝う中、パレスチナの人々の人権は依然、侵害され続けています。世界YWCAは「パレスチナの人々と連帯する国際デー」を守る特別会議において、ガザの女性と子どもへの深い憂慮を表明しました。

「ラファのパレスチナ女性(ガザ地区の南部にて)」 写真:Mohammed Omer

「ラファのパレスチナ女性(ガザ地区の南部にて)」 写真:Mohammed Omer

ガザの包囲によって引き起こされる日々の深刻な人権侵害は、特に女性と子どもに途方もない影響を及ぼします」ヘレン・インダ世界YWCAアフリカ・中東地域担当は、会議で述べました。声明の中で、インダはNGOワーキング・グループの懸念を次のように訴えています。「状況は日々悪化しており、いま何の手も打たなければ、パレスチナの公的機関を全滅させることになり、パレスチナの自治能力はおろか経済も根こそぎ破壊することになるでしょう」

会議中、代表団へ届けられた重要メッセージの中で、藩基文 国連事務総長はイスラエルとパレスチナの代表による和平交渉が低迷していることへ遺憾の意を述べ、イスラエルに対し「入植を中止する」ようにと、パレスチナを不安定にする他の諸行為への申し立てと併せて表明しました。

今月始め、ナバネセム・ピッライ国連人権高等弁務官は、ガザの状況を「国際人権法および国際人道法に、著しく違反している」として、「包囲は、150万人のパレスチナの男性、女性、そして子どもたちから、享受すべき基本的人権を数ヶ月にも渡り強制的に奪っている」と強調しました。

女性や人権団体をたずねるため11月にガザ地区を訪れた、アイルランド共和国元大統領でNGO Realizing Rights創始者でもあるメアリー・ロビンソンによっても、ピッライ弁務官の言葉は繰り返されています。「パレスチナの人々を苦しめる圧制と不正義が拡大の一途を辿っているのを見て、深く悲しく思います」さらに「意思決定の場から強制排除されている女性たちは特に、イスラエルの占領とパレスチナ内の政治的分断の両方によって、この上ない犠牲を払っています」と加えました。

世界YWCAおよび声明文に署名した他の団体は国連に対し、女性と戦争および平和に関する国連決議1325に則り、女性の声・視点・ニーズが和平交渉に確実に取り入れられるようにと訴えています。声明は、国連が早急・堅固、かつ確実な対策を以ってガザ地区を危機から救うこと、そして人道的な危機状態を緩和することを要求して結ばれています。

英文記事 → 世界YWCAホームページ 




Y'Sネットワーク 第36号(2008年11月21日)

CONTENTS
(1)地域YWCAの動き
(2)12月の9の日は 国会議員へ クリスマスカードを送ろう!
(3)オリーブの木キャンペーン2009年版カレンダー販売中!
(4)「第63回国連総会報告会」のご案内
(5)「第9回日本軍『慰安婦』問題アジア連帯会議」のご案内
(6)「第5回劣化ウラン兵器禁止を求める国際行動デー東京集会」のご案内


続きを読む "Y'Sネットワーク 第36号"→




日韓ユース・カンファレンス2008 報告 (2008年11月19日)

今年の日韓ユース・カンファレンスは、紅葉が美しい韓国YWCA 富川ウィロー・キャンプ(富川市、韓国)で10月31日から11月3日に行われました。

続きを読む”日韓ユース・カンファレンス2008 報告”→


日韓ユース・カンファレンス2008@韓国



「前航空自衛隊幕僚長の暴言と日本政府の姿勢に抗議します。」(2008年11月5日)

抗議声明を、麻生太郎内閣総理大臣、浜田靖一防衛大臣宛に提出しました。
抗議声明を読む→



ブラダン・コチ チェロコンサート(2008年11月1日)終了しました
日本YWCAチェリティコンサート
〜プラハから平和の調べ 自由への想いをのせて〜



日時: 2009年3月7日(土)
     14時開演 (13:30開場)
場所: 東京YWCA カフマンホール
    (千代田区神田駿河台1-8、御茶ノ水徒歩5分 
地図を表示する→ 
全自由席: 3000円


主催: 日本YWCA

ブラダン・コチ氏は、チェコスロバキアの共産党体制下で兵役拒否を行い、1988年と1989年に2度投獄されました。投獄中はアムネスティインターナショナルが良心の囚人として釈放を呼びかけました。1989年チェコスロバキア民主化のピロード革命下で自由の身となりました。現在は名門プラハ音楽院で教授を務め、世界中で演奏活動を繰り広げています。
コンサートの収益は日本YWCA平和教育資金に用いさせていただきます。

*会場に駐車場はありませんので、お車でのご来場はご遠慮ください。
*一度購入されたチケットのキャンセルはできません。

チケットのご購入・お問合せは
日本YWCA
Tel; 03-5367-1872、Fax; 03-5367-1873
Email : office-japan@ywca.or.jp




(別ウインドウが開きます)Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただくには、アドビ システムズ社から無償提供されているAdobe® ReaderTM(別ウインドウが開きます) プラグインが必要です。


エンパワーするNGO 日本YWCA〜women leading change

ホーム | ニュース | YWCAとは | YWCAネットワーク | お問合せ/地図 | 会員・賛助員になる | 寄付・募金をする
イベント情報 | 9条を守る | ひろしまを考える旅 | 日韓ユース | パレスチナ問題 
 劣化ウラン弾廃絶 | HIVとAIDS | 子ども買春根絶 | 女性への暴力の問題
 |  個人情報保護

日本YWCA