エンパワーするNGO 日本YWCA
エンパワーするNGO 日本YWCA〜women leading change
日本YWCAホーム > ニュース > 2010年3月

                             
イベントのご案内
現在参加者募集中のイベントはありません
     
YWCAのネットワーク
     
お問合せ・地図      
財団法人 日本YWCA
エンパワーするNGO 日本YWCA 会館日本YWCA会館
エンパワーするNGO 日本YWCA 四谷オフィス駿河台オフィス
お問い合わせ&アクセス地図はこちら
     
     
       
エンパワーするNGO 日本YWCA〜women leading change
ニュース アーカイブス 2010年3月
世界各地のボランティア活動を紹介!世界YWCAの機関誌を読みませんか? 現在新規購読キャンペーン実施中!
参加する
寄付する

www.ywca.or.jp/mobile/
携帯サイト更新中

ニュース
      最近のエントリー

東日本大震災被災者支援募金のお願い ―被災されたすべての女性・子どもの安全と安心のために―
8月末までの活動報告はこちら→

支援プロジェクト報告「静岡YWCA共催"春休み親子わくわくピクニック〜避難保養プロジェクト〜"」

機関紙「YWCA」2012年4月号を発行しました

「YWCAフェスタin長崎−全国会員集会」の報告書が完成しました

河村たかし名古屋市長に対して「南京事件否定発言の撤回と、日中市民の信頼回復への責任を求める要請書」を提出しました

機関紙「YWCA」2012年2月号を発行しました

脱原発世界会議2012 in YOKOHAMA 報告

報告:外務省前を囲んだ「人間の鎖」〜韓国水曜デモ1000回アクション

機関紙「YWCA」2011年12月号を発行しました

「YWCAフェスタin長崎−全国会員集会」報告

緊急!ヨルダン、ベトナム、韓国、ロシアとの原子力協定の国会承認を止めよう
いますぐアクションを! 3日間しかありません(期限 12月2日!)

日本YWCAは「原発の輸出入をみんなの力で止めよう!」と呼びかけています。要請書を政府宛送ってください!

日本YWCAは「平和への権利国際キャンペーン」の呼びかけ人になりました。

日本YWCAは「私たちは、南スーダンPKOへの自衛隊派遣とPKO5原則の緩和に反対する」 共同声明に賛同しています。

日本YWCAは「脱原発世界会議」および「韓国水曜デモ1000回アクション」に賛同しています。

クリスマスに向けての募金のお願い
現在、オリーブの木キャンペーン募金にご協力していただいた皆様にオリーブの木カレンダーを一部プレゼントしています!

日本YWCAは「平和への権利国際キャンペーン」の呼びかけ人になりました

10月23日トルコ東部で発生した大地震に際し、日本YWCAでは、ACT(Action by Churches Together:人道援助のための世界の教会ネットワーク)を通して現地の被災者に国際協力募金を届けました。 →報告書はこちら
日本YWCAとして募金の呼びかけは行っておりません。

ニャラザイ・グンボンズバンダ世界YWCA総幹事来日決定!長崎で公開講演会開催

緊急国際協力募金「パキスタン洪水・タイ洪水被災者支援」ご協力のお願い

機関紙「YWCA」2011年10月号を発行しました

報告「さようなら原発1000万人アクション―脱原発・持続可能で平和な社会をめざして」

日韓ユース・カンファレンス後半報告

日韓ユース・カンファレンス速報

高校生平和大使 世界YWCAを訪問〜原爆投下66周年を記念して〜

機関紙「YWCA」2011年8月号を発行しました

エンパワーするNGO 日本YWCA〜women leading change

エンパワーするNGO 日本YWCA〜women leading changeラマラYWCA(パレスチナ)洪水被災者支援
 「国際協力募金」のお願い
(2010年3月19日)

ヨルダン川西岸のパレスチナ自治区ラマラで、2月下旬豪雨による洪水がおこりました。日本では全くメディアに取り上げられていませんが、被害は甚大です。日本YWCAではラマラYWCAからの緊急事態の報告を受け、支援を表明しました。

ラマラからの洪水による緊急事態の報告

豪雨の影響で建物の1階部分が浸水し破壊され、ラマラYWCAは機能が停止しています。(2010年3月12日現在)

 
    丘の斜面に位置する家屋を土砂が押し流した。木々に囲まれた木陰の憩いの場は跡形もない。

2010年2月27日、4日間途切れることなく降りつづけた雨の影響で、ラマラYWCAの建物が大きなダメージを受けました。洪水が凄まじい勢いで建物を襲い、YWCAの古い井戸を破壊し、1階西側の壁を突き破りました。溢れ返る雨水がなだれ込み、流れを遮るものすべてを滅茶苦茶にし、建物周辺の木々や草花を根こそぎにしました。このような状況で、机やいす、機械類、機材、カフェテリア、倉庫の保管物などを含む1階のありとあらゆるものが跡形もなくなりました。

破壊された1階部分は主に職業訓練センターとして利用しており、60人の在学生にさまざまな研修コースを提供するほか、通年でおよそ300人の子どもや若者に多様なプログラムや活動を提供してきました。また、パソコン実習室や、講演会やプレゼンテーションの設備を備えた2つの会議室も1階に設けられていました。内装と設備のすべてを失ったものの、豪雨の数日前にパソコンを2階へ移動させたことが幸いし、パソコンだけは無事でした。ラマラYWCAは一時閉館をし、学生たちが勉強を続けるための代替施設が見つかるまでの間、職業訓練コースの一時休校を決めました。さらに被害はラマラYWCAの隣に建設中の子ども公園にも及び、設置された公園の囲い、木々や草花が台無しになりました。この公園はユースキャンプのためにも利用される予定でした。

対応としてまず、ラマラ市や警察といった公的機関、保険会社などの民間企業、そして技術者などに連絡を取りました。その被害報告と調査に基づいて、次に取るべき行動を起こします。被害額は10万米ドル(約1千万円)を下らないという見積もりですが、正確な調査が終了すれば被害額の詳細が挙がります。

若者・子ども・女性に提供するさまざまなサービスやプログラムにより、YWCAはラマラで、また周辺の地域コミュニティで絶大な信用を得ています。15人のフルタイム職員のほか、たくさんのボランティア会員、そして地域の働き手がラマラYWCAを支えてきました。

 
        ラマラYWCAのIFは流れ込んできた土砂に破壊されたが、幸い死傷者はありませんでした。

パレスチナYWCAからの新着情報:(2010年3月11日)

職業訓練コースの学生たちが勉強を続けられる場所を探すことが、まず一番にすべきことでした。幸いにも聖公会の技術研修センターに一時的に場所を得ることができました。まずは一安心ですが、地元そして世界に向けて、再建の支援を呼びかける努力を続けています。


   

この緊急事態を受けて、日本YWCAは皆様から寄せられた「国際協力募金」から、20万円を緊急支援金として2010年3月17日に送金いたしました。(2010年3月17日)

日本YWCAは、このような国内外で発生した緊急事態に迅速に対応するために、「国際協力募金」を呼びかけています。この寄付金は、緊急事態に際して社会的弱者、特に女性と子どもの支援のために用いられます。
国際協力募金」への皆様のご協力をよろしくお願いいたします。 「国際協力募金」は、年間を通して受け付けております。




エンパワーするNGO 日本YWCA〜women leading change若い女性のリーダーシップを育てるワークショップ集完成! (2010年3月19日)
若い女性のリーダーシップを育てるワークショップ集 世界YWCAが国連人口基金の協力のもと発行したワークショップ集 ”Empowering Young Women to Lead Change”の日本語版、 「若い女性が社会を変える―チカラを引き出すワークショップ集」を発行しました。

経済の公正、HIVとAIDS、人権、平和、自尊心とボディ・イメージ、 性と生殖に関する健康、女性に対する暴力という、世界YWCAが策定した 女性が直面する7つの大きな課題をテーマに、プロのファシリテーター無しで 誰でも簡単に楽しくできるワークショップの数々が収録されています。

学校やサークル活動でぜひご活用ください。
無料ダウンロードはこちら→


(別ウインドウが開きます)Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただくには、アドビ システムズ社から無償提供されているAdobe® ReaderTM(別ウインドウが開きます) プラグインが必要です。



エンパワーするNGO 日本YWCA〜women leading change

エンパワーするNGO 日本YWCA〜women leading change

ホーム | ニュース | YWCAとは | YWCAネットワーク | お問合せ/地図 | 会員・賛助員になる | 寄付・募金をする
イベント情報 | 9条を守る | ひろしまを考える旅 | 日韓ユース | パレスチナ問題 
 劣化ウラン弾廃絶 | HIVとAIDS | 子ども買春根絶 | 女性への暴力の問題
 |  個人情報保護

日本YWCA