エンパワーするNGO 日本YWCA
エンパワーするNGO 日本YWCA〜women leading change
日本YWCAホーム > ニュース  > 2009年12月

                             
イベントのご案内
現在参加者募集中のイベントはありません
     
YWCAのネットワーク
     
お問合せ・地図      
財団法人 日本YWCA
エンパワーするNGO 日本YWCA 会館日本YWCA会館
エンパワーするNGO 日本YWCA 四谷オフィス駿河台オフィス
お問い合わせ&アクセス地図はこちら
     
     
       
エンパワーするNGO 日本YWCA〜women leading change
ニュースアーカイブス 2009年12月
外部リンク The Body Shopのサイトへ

世界各地のボランティア活動を紹介!世界YWCAの機関誌を読みませんか? 現在新規購読キャンペーン実施中!
参加する
寄付する

www.ywca.or.jp/mobile/
携帯サイト更新中

ニュース
      最近のエントリー

東日本大震災被災者支援募金のお願い ―被災されたすべての女性・子どもの安全と安心のために―
8月末までの活動報告はこちら→

支援プロジェクト報告「静岡YWCA共催"春休み親子わくわくピクニック〜避難保養プロジェクト〜"」

機関紙「YWCA」2012年4月号を発行しました

「YWCAフェスタin長崎−全国会員集会」の報告書が完成しました

河村たかし名古屋市長に対して「南京事件否定発言の撤回と、日中市民の信頼回復への責任を求める要請書」を提出しました

機関紙「YWCA」2012年2月号を発行しました

脱原発世界会議2012 in YOKOHAMA 報告

報告:外務省前を囲んだ「人間の鎖」〜韓国水曜デモ1000回アクション

機関紙「YWCA」2011年12月号を発行しました

「YWCAフェスタin長崎−全国会員集会」報告

緊急!ヨルダン、ベトナム、韓国、ロシアとの原子力協定の国会承認を止めよう
いますぐアクションを! 3日間しかありません(期限 12月2日!)

日本YWCAは「原発の輸出入をみんなの力で止めよう!」と呼びかけています。要請書を政府宛送ってください!

日本YWCAは「平和への権利国際キャンペーン」の呼びかけ人になりました。

日本YWCAは「私たちは、南スーダンPKOへの自衛隊派遣とPKO5原則の緩和に反対する」 共同声明に賛同しています。

日本YWCAは「脱原発世界会議」および「韓国水曜デモ1000回アクション」に賛同しています。

クリスマスに向けての募金のお願い
現在、オリーブの木キャンペーン募金にご協力していただいた皆様にオリーブの木カレンダーを一部プレゼントしています!

日本YWCAは「平和への権利国際キャンペーン」の呼びかけ人になりました

10月23日トルコ東部で発生した大地震に際し、日本YWCAでは、ACT(Action by Churches Together:人道援助のための世界の教会ネットワーク)を通して現地の被災者に国際協力募金を届けました。 →報告書はこちら
日本YWCAとして募金の呼びかけは行っておりません。

ニャラザイ・グンボンズバンダ世界YWCA総幹事来日決定!長崎で公開講演会開催

緊急国際協力募金「パキスタン洪水・タイ洪水被災者支援」ご協力のお願い

機関紙「YWCA」2011年10月号を発行しました

報告「さようなら原発1000万人アクション―脱原発・持続可能で平和な社会をめざして」

日韓ユース・カンファレンス後半報告

日韓ユース・カンファレンス速報

高校生平和大使 世界YWCAを訪問〜原爆投下66周年を記念して〜

機関紙「YWCA」2011年8月号を発行しました

エンパワーするNGO 日本YWCA〜women leading change
エンパワーするNGO 日本YWCA〜women leading changeガザ攻撃から1年 パレスチナに生命の光を!12/26
現地報告会&FREE GAZA人文字キャンドルを作ろう!
ジャーナリストの古居みずえさん、作家の雨宮処凛さん出演!
(2009年12月14日)終了しました

12月27日には、イスラエル軍によるガザ攻撃が始まってから1年になります。 現在、戦闘状態は終結しているため、マスメディアではガザの現状は報道されていません。 しかし、軍事封鎖のために支援物資が搬入できずに復興もままならず、 生活必需品も手に入らない人々の暮らしは切迫しています。

攻撃から一年たった今、ガザの人々はどのように暮らしていて、私たちは この問題をどうとらえていけばよいのか。最近ガザを訪れた、ジャーナリストの 古居みずえさんによる現地報告や、雨宮処凛さんとの対談など、パレスチ ナに光を灯すために何が必要とされているかを考える場にしていきます。

最後には、皆でガザ支援をアピールするキャンドルの光を灯す予定です。

【日時】 2009年12月 26日(土)14:00〜16:30
                   17:00から屋外でキャンドルを灯します
                ※キャンドルからの参加も可能です

【会場】築地本願寺 第二伝道会館「蓮華殿」

【プログラム】
ガザ攻撃から1年 映像を使った現地報告  古居みずえさん(フリージャーナリスト)
対談 パレスチナ人を生きさせろ!雨宮処凛さん(作家、活動家)×古居みずえさん
FREE GAZA人文字キャンドル

【アクセス】
最寄り駅等は、 東京メトロ日比谷線「築地」 徒歩1分
      都営地下鉄大江戸線「築地市場」、浅草線「東銀座」
     東京メトロ有楽町線「新富町」、いずれからも徒歩5分

【会場地図】http://www.tsukijihongwanji.jp/
  *会場は、築地本願寺 第二伝道会館「蓮華殿」
   本堂に向かって一番左手の建物の一階となります。

【参加費】500円

【ゲスト紹介】
古居みずえ(フリージャーナリスト)  
アジアプレス所属。JVJA会員。パレスチナの人々、特に女性や子どもたちに 焦点をあて、取材活動を続けている。 2006年、映画『ガーダ‐パレスチナの詩‐』を制作し、石橋湛山記念早稲田 ジャーナリズム大賞受賞、平和・協同ジャーナリズム基金 荒井なみ子賞受賞。  http://www.huruim.com/contents.html

雨宮処凛(作家、活動家)  
作家。ワーキングプアやプレカリアートという日本の貧困問題に取り組む 活動家。「反貧困ネットワーク」副代表。著書に『生きさせろ!難民化する若者たち』 など多数。
 http://www3.tokai.or.jp/amamiya/

【問い合わせ先】
日本YWCA(03−5367−1872) *但し12/24の18:00まで
アムネスティ・インターナショナル日本(03−3518−6777)
アーユス仏教国際協力ネットワーク(03−3820−5831)

【主催】ガザに光を!実行委員会
  ※実行委員会は日本YWCAほか、以下の団体で構成されています。
(特活)アーユス仏教国際協力ネットワーク/社団法人アムネスティ・インター ナショナル日本/在日本韓国YMCA/(特活)日本国際ボランティアセンター (JVC)/日本聖公会東京教区「エルサレム教区協働委員会」/日本YWCA /(特活)パレスチナ子どものキャンペーン/パレスチナの子供の里親運動 /ピースボート/(特活)ヒューマンライツ・ナウ

協力団体:浄土真宗本願寺派築地別院/浄土真宗本願寺派東京教区基幹運動推進委員会

日本YWCAページのトップへ


(別ウインドウが開きます)Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただくには、アドビ システムズ社から無償提供されているAdobe® ReaderTM(別ウインドウが開きます) プラグインが必要です。



エンパワーするNGO 日本YWCA〜women leading change

エンパワーするNGO 日本YWCA〜women leading change

ホーム | ニュース | YWCAとは | YWCAネットワーク | お問合せ/地図 | 会員・賛助員になる | 寄付・募金をする
イベント情報 | 9条を守る | ひろしまを考える旅 | 日韓ユース | パレスチナ問題 
 劣化ウラン弾廃絶 | HIVとAIDS | 子ども買春根絶 | 女性への暴力の問題
 |  個人情報保護

日本YWCA