エンパワーするNGO 日本YWCA
エンパワーするNGO 日本YWCA〜women leading change
日本YWCAホーム > ニュース > 2009年8/9月 > 8月12日:世界YWCA主催「アジア太平洋地域トレーニング会議」@バリに出席

                             
イベントのご案内
現在参加者募集中のイベントはありません
     
YWCAのネットワーク
     
お問合せ・地図      
財団法人 日本YWCA
エンパワーするNGO 日本YWCA 会館日本YWCA会館
エンパワーするNGO 日本YWCA 四谷オフィス駿河台オフィス
お問い合わせ&アクセス地図はこちら
     
     
       
エンパワーするNGO 日本YWCA〜women leading change
ニュース

世界各地のボランティア活動を紹介!世界YWCAの機関誌を読みませんか? 現在新規購読キャンペーン実施中!
参加する
寄付する

ニュース
      最近のエントリー

東日本大震災被災者支援募金のお願い ―被災されたすべての女性・子どもの安全と安心のために―
8月末までの活動報告はこちら→

支援プロジェクト報告「静岡YWCA共催"春休み親子わくわくピクニック〜避難保養プロジェクト〜"」

機関紙「YWCA」2012年4月号を発行しました

「YWCAフェスタin長崎−全国会員集会」の報告書が完成しました

河村たかし名古屋市長に対して「南京事件否定発言の撤回と、日中市民の信頼回復への責任を求める要請書」を提出しました

機関紙「YWCA」2012年2月号を発行しました

脱原発世界会議2012 in YOKOHAMA 報告

報告:外務省前を囲んだ「人間の鎖」〜韓国水曜デモ1000回アクション

機関紙「YWCA」2011年12月号を発行しました

「YWCAフェスタin長崎−全国会員集会」報告

緊急!ヨルダン、ベトナム、韓国、ロシアとの原子力協定の国会承認を止めよう
いますぐアクションを! 3日間しかありません(期限 12月2日!)

日本YWCAは「原発の輸出入をみんなの力で止めよう!」と呼びかけています。要請書を政府宛送ってください!

日本YWCAは「平和への権利国際キャンペーン」の呼びかけ人になりました。

日本YWCAは「私たちは、南スーダンPKOへの自衛隊派遣とPKO5原則の緩和に反対する」 共同声明に賛同しています。

日本YWCAは「脱原発世界会議」および「韓国水曜デモ1000回アクション」に賛同しています。

クリスマスに向けての募金のお願い
現在、オリーブの木キャンペーン募金にご協力していただいた皆様にオリーブの木カレンダーを一部プレゼントしています!

日本YWCAは「平和への権利国際キャンペーン」の呼びかけ人になりました

10月23日トルコ東部で発生した大地震に際し、日本YWCAでは、ACT(Action by Churches Together:人道援助のための世界の教会ネットワーク)を通して現地の被災者に国際協力募金を届けました。 →報告書はこちら
日本YWCAとして募金の呼びかけは行っておりません。

ニャラザイ・グンボンズバンダ世界YWCA総幹事来日決定!長崎で公開講演会開催

緊急国際協力募金「パキスタン洪水・タイ洪水被災者支援」ご協力のお願い

機関紙「YWCA」2011年10月号を発行しました

エンパワーするNGO 日本YWCA〜women leading change
エンパワーするNGO 日本YWCA〜women leading change世界YWCA主催「アジア大平洋地域トレーニング会議」@バリに出席しました!(2009年8月12日)

8月2日〜7日、インドネシアのバリで「アジア太平洋地域トレーニング会議」が開催されました。「安全が保障されたコミュニティを創る女性たち」のテーマに、アジア・太平洋地域の17ヵ国のYWCAより、97人の女性たちが集い、女性のイニシアチブによる平和な社会づくりについて話し合いました。日本からは4名の女性が参加しました。

エンパワーするNGO 日本YWCA〜women leading changeアジア太平洋地域トレーニング会議2009@バリ〜集合写真

世界YWCA(http://www.worldywca.info/)が主催するこの「アジア太平洋地域トレーニング会議」は、4年に一度開催される国際会議で、女性のリーダーシップトレーニングを主眼に女性の脅威となる「時の課題」について、アジア・太平洋地域の女性たちが知恵とスキルを共有し、解決を見出すことを目的としています。

女性のイニシアチブによって安全が保障されたコミュニティを創るという大きなテーマの中で、今回は特にHIVとAIDSの女性化(女性への影響の拡大)、性と生殖に関する健康と権利、そして女性に対する暴力について、アジア・太平洋地域の現状を踏まえて取組みました。

アジア太平洋地域トレーニング会議2009@バリ〜分科会1エンパワーするNGO 日本YWCA〜women leading changeアジア太平洋地域トレーニング会議2009@バリ〜分科会2

日本の女性たちのおかれた状況と、日本YWCAの取り組みを会場でシェアした日本の参加者は、日本国憲法第9条は戦争の抑止力のみならず、紛争下で顕著な女性に対する暴力、暴力的な関係の中で女性に拡大しているHIV、そして性と生殖の権利が女性に認められない家父長制の社会に対して、平和を訴え実現する力があることを実感して帰国の途に着きました。

エンパワーするNGO 日本YWCA〜women leading changeアジア太平洋地域トレーニング会議2009@バリ〜分科会3

続く8月9日〜13日には、「人々をエンパワーし、ネットワークを強めよう」のテーマで、第9回 アジア太平洋AIDS国際会議 (主催:ICAAP http://www.icaap9.org/) がバリで開かれ、日本からは1名が出席しています。

アジア太平洋地域のHIV感染者は現在およそ600万人といわれ、東アジア・東南アジアでの女性の新規感染率は男性を上回っています。その理由の一つとして、コンドームの使用の拒否、合意の無いセックスの強要、暴力的な関係といった、社会に内在する男女間の力関係が影響しています。

これら、HIVおよびAIDSと女性の問題へのアプローチとして、AIDS国際会議ではユニークな手法がとられています。HIVとAIDSについてのみ焦点を当てるのではなく、その背景や周囲にあるさまざまな事柄―移動と移住、ジェンダー、心身の障がいなど―に目を向け、HIVとAIDSに対して包括的に取り組むというものです。特にアジア・太平洋地域は、人種、宗教、民族、文化、言語…といった多様性に富んだ地域であり、課題の背景や関連する事柄に目を向け、違いを理解し、異なる人々が強いネットワークを構築することは課題に取り組む上で有効です。

エンパワーするNGO 日本YWCA〜women leading changeアジア太平洋地域トレーニング会議2009@バリ〜会議の前のリラックスタイム〜朝食

世界125ヵ国にネットワークを持つ世界YWCAでは、女性のイニシアチブによる平和な社会づくりという課題に、引き続き取り組んでいきます。

プログラムの詳細については、日本YWCAまでお問い合わせください。

  日本YWCA

(別ウインドウが開きます)Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただくには、アドビ システムズ社から無償提供されているAdobe® ReaderTM(別ウインドウが開きます) プラグインが必要です。


エンパワーするNGO 日本YWCA〜women leading change

エンパワーするNGO 日本YWCA〜women leading change

ホーム | ニュース | YWCAとは | YWCAのネットワーク | お問合せ/地図 | 会員・賛助員になる | 寄付・募金をする
イベント情報 | 9条を守る | ひろしまを考える旅 | 日韓ユース | パレスチナ問題 
 劣化ウラン弾廃絶 | HIVとAIDS | 子ども買春根絶 | 女性への暴力の問題
 |  個人情報保護

日本YWCA